Bakktの仮想通貨決済アプリ「20年上半期に公開」 NY証券取引所の親会社が発表

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

Bakktの仮想通貨決済アプリ「20年上半期に公開」 NY証券取引所の親会社が発表
 

Bakktの仮想通貨決済アプリ「20年上半期に公開」 NY証券取引所の親会社が発表

Bakktの2020年の取り組み

Bakktやニューヨーク証券取引所(NYSE)の親企業であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は6日、2019年Q4(10月〜12月)の収支発表を行なった。

Q4における1株当たりの利益は、前年比で1%増、年間では前年比8%の増加。13年連続で増収増益となった。ICEのJeffrey Sprecher CEOは、仮想通貨子会社であるBakktが成長を牽引する要因の1つだと説明している。

ICEは、Bakktのデジタル資産戦略の第2フェーズとして、一般消費者向けのアプリのローンチを計画している。その取り組みの一環として昨日、ロイヤルティプログラムサービス企業「Bridge2 Solutions(以下、Bridge2)」の買収を進めていることが明らかになった。

Bridge2が現在試験的に行なっているプロジェクトが実用化されると、小売店の決済を直接Bakktのアプリに連結させることができるという。小売店側には、銀行に手数料を払う必要がなくコストが削減できたり、独自のクレジットカードを発行できるというメリットがある。また消費者側には、仮想通貨で決済ができたり、獲得したポイントを現金に換えられるなどの利点がある。

これらの特長を備えたアプリは、今年の上半期にもローンチされる予定だ

またSprecher氏は、2020年にBakktが特化するのは、一般消費者向けアプリの普及だと説明。企業の収入や支出よりも、消費者へのサービスに注力していくという。そのために、大手のブランドや小売店と対話を重ねていると語った。

関連Bakktの親企業ICE、大手ECのイーベイに買収提案

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B