[cryptopack id="115"]

TRONのCEO ウォーレン・バフェットとの食事会を実現

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

TRONのCEO ウォーレン・バフェットとの食事会を実現

 

TRONのCEO ウォーレン・バフェットとの食事会を実現

2020/02/07 14:24

TRONのCEOであるジャスティン・サン氏が、米国の著名投資家で「投資の神様」と称され、世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイのCEOであるウォーレン・バフェット氏との会食をついに実現させたとのことです。

仮想通貨業界著名人が複数参加

サン氏は、昨年のeBayチャリティオークションにて、バフェット氏と会食をする権利を456万7,888ドル(約5億円)という過去最高額で落札しました。

会食には最大7名まで友人を招待することができ、ライトコイン創設者のチャーリー・リー氏、仮想通貨決済会社CircleのCEOであるジェレミー・アレール氏、バイナンスチャリティ基金のヘレン・ハイ氏、eToroの創設者であるヨニ・アシア氏など、仮想通貨業界の著名人が招待されたとのことです。

また、この他にも米国のドナルド・トランプ大統領にもtwitterで呼びかけていましたが、仮想通貨に対する厳しい意見とともに否定されたとのことです。

ジャスティン・サン twitter

出典:Twitter

待望の食事会の成果は?

待望のバフェット氏との会食を実現させたサン氏は、次のようにコメントしています。

「本当に誇りに思うとともに、バフェット氏の与えてくれた知恵やビジョンに感謝している。彼の親切心と応援を常に思い出し、彼のアドバイスを真摯に受け止めてTRONのより良いエコシステムを作ろうと思います。」

サン氏は、昨年6月にチャリティオークションで会食の権利を落札しました。
過去20年間で最高額とされる約5億ドルという高額落札額で世間の注目を集めました。

ところが、サン氏は当初7月に予定していた会食を直前に延期しました。
理由は体調不良と発表しています。

サン氏が、その後会食について再スケジュールの発言は昨年の9月が最後となっていました。

「投資の神様」と称されるバフェット氏は、これまでビットコインなどの仮想通貨に対して否定的なことで知られています。
2017年には、「ビットコインはバブルだ。」、2018年5月には「仮想通貨は熱狂が過ぎ去れば悪い結末が待っているだろう。」などの発言で注目を集めました。

昨年にはサン氏は次のように語っていました。

「ウォーレン・バフェット氏は、ブロックチェーン業界について正しい情報を持っておらず、メディアによって誤った解釈をしている。
我々は彼とランチをしてコミュニケーションを図り、過去10年間で我々が成し遂げた成果を伝えようと思う。」

今回の会食で、バフェット氏が仮想通貨に対する考えを変えたのかどうかについては明らかにされていませんが、待望の会食が実現したサン氏の今後の発言やTRONの動向には、注目していきたいですね。

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/tron-founder-justin-sun-finally-met-with-warren-buffett-for-charity-lunch?_ga=2.236785219.310234777.1581036284-641927475.1581036284”
”https://twitter.com/justinsuntron/status/1225610773008912384”

The post TRONのCEO ウォーレン・バフェットとの食事会を実現 appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4901

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。