CMEのビットコイン先物が10,000ドルにタッチ、機関投資家の需要反映か

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

CMEのビットコイン先物が10,000ドルにタッチ、機関投資家の需要反映か
 

CMEのビットコイン先物が10,000ドルにタッチ、機関投資家の需要反映か

CMEの1万ドル付け

米大手デリバティブ取引所CMEのビットコイン先物は2月6日・7日連続で、一時的に1万ドルを付けたことが確認された。主に機関投資家が利用するCMEで、ファンド系などの「ビッグマネー」を中心に、BTCの大台1万ドル突破に対する期待感は一段と高まってきたようだ。

6日の相場はBTC価格が再上昇し、年初来高値を更新し続けた。かつて2017年の好景気を彷彿させるブル相場のパターンが意識されているのではないかと見られていた。

機関投資家によるCMEの出来高上昇および価格高騰に影響するいつくかの可能性が考えられる。

5日にCMEのダフィCEOは、ビットコインの「安全資産」理論について、ゴールド(金)と比較してもその地位を強固しつつあると発言。新型肺炎や、米国と中東の政治的不安定な状況や米大統領選と弾劾審判(当時)などのマクロ的要因を取り上げた。

また、6日のコインポストの市況レポートでも分析したように、中長期的なトレンド転換を示す90日移動平均線(中期)と200日移動平均線(長期)のゴールデンクロスの発生時期は、さらなる上昇が意識されやすいポイントになり得る。

さらに強気になった可能性として、BTC送金回数が5億回突破したという指摘も散見されている。

データサイトBlockchain.comによると、5日には、BTCが2009年に始動して以来、合計オンチェーントランザクション数が5億回を突破

そして、ビットコインのオンチェーントランザクション数は5日には約37万回で、6日に約32万回を記録。これは、19年9月の水準まで回復してきていることを意味する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B