ブロックチェーン基盤の企業間決済プラットフォーム企業、約22億円を資金調達【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン基盤の企業間決済プラットフォーム企業、約22億円を資金調達【ニュース】

ブロックチェーン基盤の企業間決済プラットフォーム企業、約22億円を資金調達【ニュース】

ブロックチェーン基盤の企業間決済プラットフォーム企業、約22億円を資金調達【ニュース】

ブロックチェーン基盤の企業間決済プラットフォームを展開するペイスタンドが、シリーズBラウンドにおいて2000万ドル(約22億円)の資金調達を行った。ベンチャービートなどが2月6日に報じた

このラウンドには、DNXベンチャーズ、バッテリー・ベンチャーズ、エピック・ベンチャーズ、コマース・ベンチャーズ、ワイルドキャット・ベンチャーズほか、リープ・グローバル・パートナーズ、ブルーラン・ベンチャーズなどが参加した。

ペイスタンドは、過去24ヵ月で80社の大企業顧客を獲得し、前年比2倍以上の収益を上げているという。現在の顧客には、JCB、ベビー用品大手バガブー(Bugaboo)、家畜獣向け医療機器・医療サービス「(Covetrus)」などを含むそうだ。また今回調達した資金は、米カリフォルニア州とメキシコにおけるチーム拡大、製品ライン拡充に利用する予定としている。

ペイスタンドのジェレミー・アーモンドCEOは、ベンチャービートに次のように語った。

「複雑な商取引に対する個人間送金アプリのようなものだ。金融インフラは、インターネット普及以前に構築されたものであるため、(デジタル化を含め)再構築を行っている。またサブスクリプションモデルの採用が、顧客を引き付けている。支払いシステムサービス(ペイメント・アズ・ア・サービス)を提供する新しいビジネスモデルを導入している」

ペイスタンドは、特定業界の支払いシステムを完全に自動化するという。例えば、保険会社は保険料支払いをデジタルで受け取り、請求への清算を行う。製造・輸送・医薬品業界なども、デジタル化したキャッシュサイクルの恩恵を得ているそうだ。

またアーモンドCEOによると、スマートコントラクトを利用し、企業間取引ごとの条件を自動的に合致させているという。

「企業間のインフラが、スマートコントラクトを利用できるようにしている。『この条件で支払います。どうすれば、確実に実現できますか?』。ブロックチェーン基盤のインフラは、そういった企業間における自動取引に適している」

同社は、セキュリティと高速処理を特徴とする、パブリックおよびプライベートからなるハイブリッドブロックチェーンを用意しており、複数の通貨に対応しているそうだ。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:クレカ大手JCB、米ブロックチェーンスタートアップと覚書 日本でB2B決済ソリューション構築へ

【関連記事:仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「RSK」、イーサリアムとBTCペッグトークンを送受信できるスマコンを立ち上げ

【関連記事:三井住友がSBI R3とリップル社の技術使ったマネータップに出資|ブロックチェーン使い金融サービス構築=日経

【関連記事:ブロックチェーン推進協会がステーブルコイン部会設置へ 仮想通貨「Zen」の開発推進

【関連記事:LINE Payとビザが提携、「代替通貨取引」サービスの開発を発表 ブロックチェーン基盤のクロスボーダー決済も

【関連記事:VISAのCEO、ブロックチェーンや仮想通貨は同社に有用ではないと発言

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B