仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「RSK」、イーサリアムとBTCペッグトークンを送受信できるスマコンを立ち上げ【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「RSK」、イーサリアムとBTCペッグトークンを送受信できるスマコンを立ち上げ【ニュース】

仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「RSK」、イーサリアムとBTCペッグトークンを送受信できるスマコンを立ち上げ【ニュース】

仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「RSK」、イーサリアムとBTCペッグトークンを送受信できるスマコンを立ち上げ【ニュース】

IOVラボ(IOV Labs)は2月4日、仮想通貨ビットコイン(BTC)の双方向(2WP)サイドチェーン「RSKプラットフォーム」とイーサリアム(ETH)間において、ERC-20規格トークンをやり取りできるスマートコントラクト「トークン・ブリッジ(Token Bridge)」の立ち上げを発表した。 RSKは、ETHのスマートコントラクト実行環境(EVM)をフォーク(分岐)させたRVM(RSK Virtual Machine)を利用可能なBTCサイドチェーン。ユーザーは、RSKブリッジ用ウォレットを介することで、BTCと1:1でペッグされたrBTC(RBTC。スマートビットコインと呼ぶ)をネイティブトークンとして入手できる。

RSK開発を担うRSKラボは、これらRSK環境と、ETHの分散型アプリ(Dapps)エコシステムおよびERC-777(ERC-20互換)規格トークンを双方向で結びつけるものとして「トークン・ブリッジ」を開発したという。

どのように機能するのか?

ユーザーは、任意のブロックチェーン(アドレス)からRSK提供のアドレスにトークンを送ると、トークン・ブリッジによりもう一方のブロックチェーンで同量の「RSKサイドトークン」を受け取れる。

トークン・ブリッジは、ERC-20規格互換として機能しつつ、トークンを送受信できるETHスマートコントラクト向け規格ERC-777に従い、RSKサイドトークンを作成している。FAQ文書によると、この時元のトークンはトークン・ブリッジ上でロックされ、(ERC-777規格トークンとして作成された)RSKサイドトークンはETHブロックチェーン上で自由に移動できるとしている。またRSKサイドトークンを元のブロックチェーンに送り、元のトークンに戻すこともできるという(元のトークンのロックが解除され、RSKサイドトークンはバーン/焼却される)。

コインテレグラフは、IOVラボのRSK戦略担当エイドリアン・アイデルマン(Adrian Eidelman)氏に問い合わせたところ、今のところトークン・ブリッジは完全には分散化されていないことを明らかにした。

アイデルマン氏は、BTCとETHの接続のために「有名で尊敬されているコミュニティメンバー」で構成される「RSKフェデレーション」が、ペッグプロセス(トークンのロック・解除)を監視していると述べた。この仕組みは、どちらかのチェーンにおける開発者がトークン・ブリッジを利用する際に実施されるとして、アイデルマン氏はETHを例に説明した。

「元のトークンはETHチェーン上でロックされ、『イベント』が作成される。この時点でRSKフェデレーションはブリッジを開始し、情報をRSKチェーンに送信する。RSKフェデレーションの50%以上が同じ取引に投票すると、RSKチェーンのブリッジがETHチェーン上でロックされたトークンと同じ数量のERC-20トークンを作成する」

RSKラボによると、トークン・ブリッジはスマートコントラクト開発用ライブラリー「オープンツェッペリン(OpenZeppelin)」を用いてアップグレード可能なように開発しており、2020年第3四半期には完全分散型に移行する計画だという。

またBTCペッグのステーブルコインなどを展開する「マネー・オン・チェーン(MoC)」プロジェクトは、RSK上に構築されたDeFi(分散型金融)を展開しつつあり、担保にrBTCを利用している。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:分散型デリバティブ取引スタートアップが5億円超調達 日本のgumiやリップル、パンテラなどが出資

【関連記事:仮想通貨ビットコインのスマートコントラクトプロトコル「ルートストック」、派生プロジェクトのRIF OSと統合

【関連記事:ビットコインキャッシュでもICO、仮想通貨イーサリアムにとって逆風?

【関連記事:「仮想通貨ビットコインでICO」が実現?サイドチェーン技術活用で

【関連記事:中国のスタートアップ、慈善活動に特化したブロックチェーン・プラットフォームを立ち上げ

【関連記事:ブロックチェーン基盤の企業間決済プラットフォーム企業、約22億円を資金調達

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B