アリババのアントフィナンシャル、ブロックチェーンでコロナウィルス被害者を保険対象に最大150万円補償【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アリババのアントフィナンシャル、ブロックチェーンでコロナウィルス被害者を保険対象に最大150万円補償【ニュース】

アリババのアントフィナンシャル、ブロックチェーンでコロナウィルス被害者を保険対象に最大150万円補償【ニュース】

アリババのアントフィナンシャル、ブロックチェーンでコロナウィルス被害者を保険対象に最大150万円補償【ニュース】

アリババグループの金融関連会社アントフィナンシャルのオンライン医療保障「相互宝(シャン・フ・バオ)」が、猛威を広げる新型肺炎コロナウィルスの被害者を対象に最大で一時金を10万元(約150万円)支払うことを明らかにした。保証の請求システムにはブロックチェーンが使われる。

相互宝は1億400万人のユーザーがいる巨大プラットフォーム。サウス・チャイナ・モーニングポストの報道によると、ブロックチェーンによって不正を防ぎ、迅速な請求処理が可能になるという。

アントフィナンシャルはモバイル決済のアリペイを展開しており、アリペイはコロナウィルスの被害者への支払いに使われているという。

アントフィナンシャルの広報担当は「相互宝は申請者に証拠書類を提出でき、調査会社はブロックチェーン上で即座にデータにアクセスできる。関係者全員がプロセスを確認可能だ」と語った。


事務処理効率化のためのブロックチェーン

香港の東亜銀行の医療請求アプリでもブロックチェーン技術を、コロナウィルスの被害者向けの事務処理に応用している。

同行マネージングディレクターのパトリック・ワン氏はサウス・チャイナ・モーニングポストに対し、以下のように語った。

「ブロックチェーンを活用した請求サービスは、コロナウイルスの発生時に紙による事務処理プロセスを完全に排除し、医療機関へ紙のカルテなどを送る必要性をなくすことで重要な役割を果たした。実際に顔を合わせないため、感染のリスクを軽減するのにも役立つ」

コロナウィルスは仮想通貨業界にも影響を与えており、アジアで開催予定のイベントが延期を余儀なくされている。

【関連記事:アジアの仮想通貨イベント、コロナウィルスの影響で延期も

【関連記事:中国でマイニングファームが稼働停止、新型コロナウィルスの影響で

【関連記事:中国で医療用品寄付向けブロックチェーンポータル公開 新型コロナウイルス対策

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B