[cryptopack id="115"]

カヤック、神奈川県の「SDGsつながりポイント」、小田原市でプレサービス開始へ【フィスコ・ビットコインニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

カヤック、神奈川県の「SDGsつながりポイント」、小田原市でプレサービス開始へ【フィスコ・ビットコインニュース】

 

カヤック、神奈川県の「SDGsつながりポイント」、小田原市でプレサービス開始へ【フィスコ・ビットコインニュース】

2020/02/10 16:13

ソーシャルゲーム事業やクライアントワーク事業などを手がけるカヤック<3904>は10日、神奈川県、小田原市と連携し、同社が開発したコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」を活用した神奈川県の「SDGsつながりポイント事業」を、今年夏から本格的にスタートすると発表した。またこれに先駆け、小田原駅周辺および早川地区にて、2月24日よりプレサービスを開始するとしている。

「まちのコイン」アプリは、ブロックチェーン技術を使い、QRコードを介して、ユーザーがポイントを獲得・利用できるコミュニティ通貨サービス。ユーザーは地域活動などに参加するとポイントを獲得し、獲得したポイントは加盟店等で利用することができる(円への換金は不可)。2019年11~12月に鎌倉市で実証実験を実施した結果を踏まえ、小田原市では一部の地域を対象としてプレサービスを実施し、エリアを拡大し本導入に繋げたいと考えているという。

同アプリはダウンロードするだけで、鎌倉市内に限らず市外の人でも使用できる。鎌倉市での実証実験では、1円=1クルッポという単位で実施した。「まちのコイン」のもらう・つかう例としては、カフェ「Siblings kamakura」で、フードロス活動として、18時~20時限定で当日廃棄になってしまうパンを300クルッポで引き換えることができるほか、鎌倉で働く人が利用できる「まちの社員食堂」で、知らない人と知り合いになると100クルッポがもらえるといった例を挙げている。

「SDGsつながりポイント事業」は、神奈川県がSDGs(持続可能な開発目標)のさらなる普及促進を目指す取り組み。小田原市プレサービスは、2月16日から開始する同市の「SDGsウィーク」内にて「SDGs体感事業」として24日に発表し、プレサービスを開始するとしている。2020年2月24日~2020年夏頃まで、小田原駅周辺および早川地区の店舗にて利用できるようだ。

2019年11~12月に実施した実証実験は、鎌倉市22の店舗と団体を利用場所とし、約800人が参加したもよう。総流通量は約250万クルッポ(1クルッポ=1円相当)で、「SDGs活動に参加しやすくなった」という意見が多数みられたと報告している。

<HH>

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4910

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。