中国の大学、新型コロナウイルス対策でブロックチェーン技術を活用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国の大学、新型コロナウイルス対策でブロックチェーン技術を活用

(Image: Shutterstock.com)

中国・山東省にある山東財経大学のブロックチェーン金融重点ラボは2月7日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を抑止するため、教職員や学生の行動情報を管理する「ブロックチェーン新型肺炎情報観測システム」を正式ローンチした。大学は冬休み中だが、2日間の突貫工事でシステムを開発したという。

同大学のブロックチェーン金融重点ラボは、アリババクラウドが大学に開放したブロックチェーンプラットフォームを活用。山東省立病院からの新型肺炎データの提供を受け、産学官の連携によって、リアルタイムで学生と教職員の健康状況を示すデータ、外出データ、予防や発見につながる情報を表示し、学内での新型肺炎対策に役立てる。

同大学によると、全国各地から学生が集まり、同じ空間ですごすキャンパスは、感染症の拡散リスクが非常に高い。今は大半が実家に帰省しているが、間もなく多くの学生が戻ってくることが予想されるため、関係者の移動や教室などの入室、指導教員との連絡体制を一元管理できるシステムが必要になった。ブロックチェーン技術を使うことで、情報の収集効率や統計の正確性、セキュリティーの保障が期待できるという。

収集・管理された情報は、学生の指導教員、学部、大学内の医療部門、大学と4つの層に分け、閲覧権限を調整する。

中国の教育機関は一般的に1月中下旬から2月下旬まで冬休みで、今年は新型肺炎の拡大を受け、冬休みの延長を発表している地域も多い。山東省も2月8日、2月いっぱいは学校を再開しないことを決定した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B