[cryptopack id="115"]

米格付け会社Weiss Ratings がビットコインのランクを格上げ

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米格付け会社Weiss Ratings がビットコインのランクを格上げ

 

米格付け会社Weiss Ratings がビットコインのランクを格上げ

2020/02/10 12:22

米格付け会社のWeiss Ratingsはビットコインの仮想通貨格付けを「Aエクセレント」に格上げしたことを発表しました。
最近の力強いパフォーマンスを評価したとのことです。

2019年3月には、Weiss Ratingsは、普及と技術の領域における評価では、XRP、EOSに次ぐ3位で評価をしていました。
しかし、現在はビットコインはこれら2つの銘柄を押しのけて1位に格上げされています。
3月の時点で格付け「A」だったXRPは、「B-」、EOSは「C」まで格下げされました。

中国での格付けと大きな相違点

ブロックチェーン先進国の中国は、定期的に独自の仮想通貨格付けを行っており、工業情報化部傘下の電子情報産業発展研究員(CCID)が実施しています。

直近の昨年9月の発表では、ビットコインは11位でした。
また、EOSが1位、Tronが2位、イーサリアムが3位、リップルは20位という格付けでした。

半減期が価格高騰のカギとなる

Weiss Ratingsは、5月に予定されているビットコイン半減期が価格の落ち上げ要因になるとして重視しています。
これまでにも過去2回あった半減期の価格推移から見ても価格時の上昇が確実であると予想しているとのことです。

半減期では、ブロックを生成するマイナーに対する報酬が半減されることから、価格の上昇圧力になるとされています。

さらに将来はブロックの生成は取引手数料だけで補償され、新たなブロックは生成されなくなります。

米国の大手仮想通貨取引所コインベースは最近、半減期によりビットコインはさらにデジタルゴールドに近づくことになるだろうとコメントしています。

「無数の技術発展により、グローバルマーケットの発展と成熟が加速するだろう。
ビットコインは価値の保存手段として、デジタル時代の金のライバルとなる。」

参考サイト:
”https://cointelegraph.com/news/weiss-ratings-upgrades-bitcoin-to-a-ahead-of-halving?_ga=2.32220030.1547816791.1581295448-1273354871.1581295448”

The post 米格付け会社Weiss Ratings がビットコインのランクを格上げ appeared first on CRIPCY.

配信元:

 

引用元:https://cc.minkabu.jp/news/4912

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。