グーグル、野村も参加するへデラ・ハッシュグラフの審議会メンバーに参加|仮想通貨HBARは急騰【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

グーグル、野村も参加するへデラ・ハッシュグラフの審議会メンバーに参加|仮想通貨HBARは急騰【ニュース】

グーグル、野村も参加するへデラ・ハッシュグラフの審議会メンバーに参加|仮想通貨HBARは急騰【ニュース】

グーグル、野村も参加するへデラ・ハッシュグラフの審議会メンバーに参加|仮想通貨HBARは急騰【ニュース】

グーグルは11日、分散型台帳技術(DLT)プロジェクトのへデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)の運営審議会メンバーになったと発表した

へデラはグーグル・クラウドを利用してパブリックテストネットとへデラ・コンセンサス・サービスをホストする。へデラの開発者はグーグルの位置情報データやインフラストラクチャを活用できるようになる。

「グーグル・クラウドは審議会メンバーとしてへデラ・ネットワークノードを運用する。そして、グーグル・クラウドプラットフォーム(GCP)のパブリックDLTデータセットとともに分散台帳データを利用できるようにする。分散型アプリやDLTネットワークで、GCPのクラウドプロバイダーとしての地位を盤石にする」

ヘデラ・ハッシュグラフは、分散型アプリ(DApps)を作るための企業向けDLTプロジェクト。単一のチェーンではなく、ハッシュグラフベースのコンセンサスアルゴリズムを使用して、ブロックの複数の分岐を可能にする。

運営はヘデラ運営審議会が行なっている。公式サイトによると、そのメンバーは、航空宇宙機器大手ボーイング、IBM、野村ホールディングス、インドのネットワークプロバイダー大手タタ・コミュニケーションズ、金融サービスプロバイダー大手FISなどがある。

独自仮想通貨は急騰

ヘデラ・ハッシュグラフは、2019年9月にメインネット(ベータ)の一般公開を開始。1秒あたり1万トランザクションに制限された独自仮想通貨HBARも同時に配布した。

今回の発表を受けてHBARが急騰。9月の配布以来、下落が続いていたが、記事執筆時点で過去24時間で80%以上上昇している。

HBARチャート

(出典:Coin360 HBAR/USD 2月12日午前8時20分)

グーグルクラウドは2019年6月、チェーンリンクのオラクルミドルウェアをプラットフォームに統合し、イーサリアムのスマートコントラクトに対応した。チェーンリンクはへデラ上で稼働している。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

【関連記事:ヘデラ・ハッシュグラフ、リリース延期に合意するHBARトークン所有者らに追加の仮想通貨提供へ

【関連記事:分散型台帳技術ヘデラ・ハッシュグラフ、ベータ版メインネットの一般公開と独自仮想通貨HBARの配布開始

【関連記事:分散型台帳技術「ハイパーレジャー・ファブリック」、最新版「バージョン2.0」公開

【関連記事:イスラエル証券庁、仮想通貨・ブロックチェーンの規制改革に向けフィードバック受付へ

【関連記事:2019年第4四半期のブロックチェーンソフトウェアによる開発活動、ハイパーレジャー・ファブリックがR3「コルダ」上回る

【関連記事:アフリカのルワンダ、初のブロックチェーン開発者・専門家養成機関が2020年に開設へ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B