ニトリ、自社物流システムにブロックチェーン活用

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ニトリ、自社物流システムにブロックチェーン活用

左から、ホームロジスティクス・CIO兼ソリューション事業本部本部長の深作康太氏、LayerX・CEOの福島良典氏、オプティマインド・代表取締役社長の松下健氏、プロトスター・顧問の山口豪志氏

インターネットによりネット社会が加速する中で、経営における競争力の源泉としてロジスティクス(物流)の重要性が再認識され始めている。物流業界の最前線にいる家具・生活雑貨小売業最大手のニトリは、ニトリグループの群戦略として自社の物流システムにブロックチェーンの活用とオープンAPI化を取り入れようとしている。

ニトリグループにて物流を担うホームロジスティクス・CIOの深作康太氏は2月7日、東京ミッドタウン日比谷・BASEQにて開催された「Legacy Tech Conference 2020」に登壇し、物流業界の構造をリデザインするプレイヤーたちと共に、未来の物流をどう実現しようとしているのかをパネルディスカッション形式で語った。

「Legacy Tech Conference 2020」は、大企業とスタートアップが垣根を越え、ビジネスにおける次の挑戦トレンドを発信する招待制のカンファレンスだ。「Legacy Tech」ということで、既存のビジネスモデルや組織のあり方を新たなテクノロジーでどうリデザインしていくのかをディスカッションしていく場となる。

「物流業界の仕掛け人、ニトリが牽引する群戦略としてのロジスティクス」をテーマに掲げたパネルディスカッションでは、カンファレンスを主催するプロトスター・顧問の山口豪志氏が司会進行を務め、ホームロジスティクスの深作康太氏を中心に、同社の物流リデザインを共に担うパートナー、LayerX・CEOの福島良典氏とオプティマインド・代表取締役社長の松下健氏がディスカッションに参加した。

ニトリグループ、ホームロジスティクスの新規事業

ホームロジスティクスでは、700億円規模となるニトリの物流を担うと共に、その他の企業に関しても20億円規模の物流を請け負っている。全国の運送会社150社をパートナーに、車両台数2万4000台、ドライバー1万6000人を抱え、物流を行っている。ちなみにパートナー運送会社の規模は年商50億円以下の企業が8割を占めるという。

物流量では、海外サプライヤーから年間18万本程度のコンテナにて家具等を輸入する。この量は、日本の全産業の3%程度であるとのこと。それらの家具は、DC(在庫型物流センター)から、ニトリ519店舗または営業所(デポ)78拠点に配送される。配送量は、トラックにしてのべ21万台となる。店舗・営業所から消費者(購入者)へと渡るラストワンマイルと呼ばれる配送は、300万件にものぼるという。これらをホームロジスティクス以下、運送会社150社で担っていると、同社の深作康太氏は説明する。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B