ビットコインの採掘拠点、中国から北米に=仮想通貨資産運用会社

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの採掘拠点、中国から北米に=仮想通貨資産運用会社
 

ビットコインの採掘拠点、中国から北米に=仮想通貨資産運用会社

ビットコインの採掘拠点、中国から北米に

「ビットコインをマイニングする採掘拠点が、変わりつつある」そのように答えたのは、世界有数の仮想通貨資産運用会社グレースケール・インベストメンツの創業者兼CEOのBarry Silbert氏だ。

2月12日に行われた最新のGrayscale投資家向けオンライン説明会で、ビットコイン市場やCBDCの最新動向に言及。マイナー拠点も中国が支配していた状況から、徐々に北米に移り変わりつつあると発言した。

具体的な地域では、四川省がメインの地域、他にはウイグル自治区、内モンゴルなどがある。

CoinPostの取材に答えた世界有数のマイニング企業Bitfury Groupの日本代表を務める紺野勝弥氏によると、最も重要なのは「電力代」。いかに電気代を抑えつつ、どれだけ大きなファームを運営するかに、現在のマイニング業界の競争力がシフトしているという。

マイニング需要は拡大傾向

ビットコイン自体の投資需要

Bitfury Groupも中国外に拠点を置く1社。現在は、カザフスタンでマイニングファームを建設し、地域で安い電気代を確保するための政府との交渉を行うなど、包括的な対応の中で、優位性を確保しているという。(Bitfury Groupは、政府が推進しているフィンテック領域で、その推進に貢献すると考えられている一社として採択)

拠点が集権化していることによる懸念は、中国政府が進める新型肺炎防止対策の弊害でも明らかになったばかり。

紺野勝弥氏によると、マイニングの需要は再び拡大傾向にある。

Bitfuryのケースでは、月利で4〜5%ほど、年間で50〜60%程度のリターンが見込める商品として、ヨーロッパの機関投資家を中心に需要があるほか、減価償却が取れて、かつ高いリターンが見込める商品は多くない中で、富裕層や中小企業のオーナーの方からの節税ニーズがあるという。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B