中国が日米を逆転 ブロックチェーン等の先端技術9分野で特許出願数トップ=日経

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国が日米を逆転 ブロックチェーン等の先端技術9分野で特許出願数トップ=日経
 

中国が日米を逆転 ブロックチェーン等の先端技術9分野で特許出願数トップ=日経

特許出願の分析結果

ブロックチェーンやAIといった先端技術の特許について分析したところ、出願数において、10分野中9分野で中国がトップであることが分かった。

これは通年データがそろっている2017年の結果だ。中国はドローン等に加え、近年はAIや再生医療でも急伸。米国は量子コンピューターのみ中国を超えている。2005年に自動運転など4分野で首位だった日本は、全分野で2位以下になった。

本内容は、知的財産データベースを運営する日本企業アスタミューゼと日経新聞が共同で特許データを集計・分析して発表。10分野の特許出願は、2000~19年の累計で約34万件に達したという。

中国は2015年、知財強国を目指す方針を示し、ハイテク産業を強化。研究開発費は2017年に日本の3倍となる50兆8000億円に達し、首位の米国(55兆6000億円)に迫ってきている。中国の特許出願を主導しているのは、百度(バイドゥ)、アリババ、テンセント、ファーウェイだ。

ただし特許は数だけでなく、質も重要である。今回、影響力や将来性など独自の指標で質も分析。10分野それぞれについて上位10社をランク付けした。その結果は、合計100社の内、米企業が64社、日本企業が18社、中国は1社だったという。

今回対象にした10分野は、どれも汎用性が高い基幹技術だ。そのため相乗効果も期待でき、国の競争力にも重大な影響を与える可能性がある。中国と米国が先端技術の開発でトップを争う一方、日本は遅れをとっている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B