仮想通貨イーサリアム(ETH2)のローンチ年内に、現行のETH1はどうなるのか

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨イーサリアム(ETH2)のローンチ年内に、現行のETH1はどうなるのか
 

仮想通貨イーサリアム(ETH2)のローンチ年内に、現行のETH1はどうなるのか

誤解を解く、ETH2.0と1.0

イーサリアム2.0(ETH2)は2020年1月に第一段階となる「ビーコンチェーン」のセキュリティ監査が完了し、「フェーズ0」のローンチを伺う。

ETH2は、現在導入の動きが進んでいるイーサリアムのアップデートだ。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の実装やブロックを並列化して組み合わせるシャーディングと呼ばれる技術などが実装され、より高いスケーラビリティと安全性が期待できる。

現時点では、ETH2の初期段階であるデポジットコントラクトを実行する過程にある。デポジットコントラクトはイーサリアム1.0(ETH1)上に配置され、32ETHでバリデータノードを建てることでETH保有者はバリデータ報酬を獲得できる。

2015年のイーサリアムのローンチ以降、ETH2の概念が提唱され開発が進められてきたが、多くの技術的困難によってその実現が遅れている。当初は2020年1月のローンチを予定していたが、現在開発者らはイーサリアム5周年記念の2020年7月30日のローンチを目標にしている。

誤解1:ETH2は永久にローンチされない

誤解2:ETH1の存在について

誤解3:ETHからETH2が「ハードフォーク」する

ETH2研究者ののDanny Ryan氏は、「フェーズ0が2020年中にローンチされないということは考えられない」と(確率「95%」で)自信をのぞかせている。

ETH2は既存のETH1ネットワークとの整合性を確保するため、段階的に新技術を実装していく必要がある。

したがって、現時点ではまだETH1のETH2への移行方法を議論している段階で、完全な移行は2022年以降になる見込みだ。

2016年にイーサリアムクラシックがイーサリアムからハードフォークしたときのように、イーサリアムが2種類の異なる資産に分離される訳ではないことに留意する必要がある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B