仮想通貨犯罪は年間5000億円の被害。前年比2.6倍

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨犯罪は年間5000億円の被害。前年比2.6倍

(Image: Shutterstock.com)

仮想通貨関連の犯罪調査に取り組む米CipherTraceは2月12日、仮想通貨マネロン対策に関する報告書を公開した。2019年の仮想通貨犯罪での損失額は、世界全体で45億2000万ドル、日本円にして5000億円に相当する。2018年から約2.6倍に増加しているという。

CipherTraceによると、2019年の仮想通貨犯罪で目立ったのは、詐欺や資金の不正流用。金額ベースで2018年から533%に増加した。一方、ハッキングや盗難による被害額は66%まで減少している。

「インサイダー取引による損失が非常に大きい」と同社は評する。一見、被害総額の対数関数的な増加により、仮想通貨のリスクが大幅に増加したかに見えるが、その実態は悪意あるインサイダー取引による増加が多くを占める。仮想通貨自体のリスクは大きくは増加していないという。

仮想通貨関連の詐欺で昨今注意したいのがYouTubeなどのライブ配信を用いた虚偽のキャンペーン。2019年後半から目立つようになってきたが、チャンネル登録者数の多いアカウントが乗っ取り被害にあうか、あるいは売却され、それらアカウントがブロックチェーンを開発するNPOなどを名乗り詐欺行為を働くというものだ。

たとえば、それらしい講演の映像を配信しながら「動画の概要欄に示したウォレットアドレスに少額のETHを送金すれば先着○名に△ETHを送り返す」と謳うライブ配信が散見されるようになった。こういったキャンペーンは、当該ウォレットの送受金の状況を観察したり、当該アカウントのアップロード動画一覧などをチェックすれば、偽のキャンペーンであると見抜くことはたやすい。「チャンネル登録者数が多いから本物」のような認識は改めるべきだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B