JPモルガンのブロックチェーン部門、コンセンシスと合併に向け協議=ロイター【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

JPモルガンのブロックチェーン部門、コンセンシスと合併に向け協議=ロイター【ニュース】

JPモルガンのブロックチェーン部門、コンセンシスと合併に向け協議=ロイター【ニュース】

JPモルガンのブロックチェーン部門、コンセンシスと合併に向け協議=ロイター【ニュース】

JPモルガン・チェースがブロックチェーン部門「クオラム(Quorum)」をイーサリアム系のブロックチェーン開発企業コンセンシスと合併する。2月11日付のロイター通信が匿名の関係者の話として報じた

今後6カ月のうちに合併が正式に発表されるという。合併に関する詳細については協議中だ。

クオラムは、JPモルガンのプライベートブロックチェーンでありイーサリアムを基盤にしている。世界中に開発者約25名を抱えるプロジェクトだという。

クオラムは、JPモルガンが開発中の銀行間送金システムIINの基盤となっている。IINには現在320の銀行が参加している。

また、先月、4大穀物メジャーとして知られるアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)、ブンゲ(Bunge)、カーギル(Cargill)、ルイ・ドレフュス(Louis Dreyfus Corporation)が、クオラムを使って農業ビジネスにおけるサプライチェーンの効率化・自動化、また信頼性・透明性の向上を目指すことが報じられた

さらにクオラムは、JPモルガンの独自デジタル通貨であるJPMコインの開発基盤でもある。

ロイターによると、コンセンシスとの合併がJPMコインやIINへの開発に影響を与えることはない。コンセンシスは、イーサリアムエコシステムにおける影響力が大きいことからJPモルガンのパートナーとして選ばれたという。

コンセンシスは縮小

2月4日にコンセンシスは、従業員を約14%解雇したと発表。ソフトウェア部門と投資部門を切り分けて、「ソフトウェア開発のニーズに合わせてチームを再編成する」と声明で述べた

また、2018年12月にコンセンシスは、社員1200人のうち50~60%を解雇していくと報じられた。しかし2019年1月、コンセンシス幹部はコインテレグラフに対し、実際に解雇されたのは1割以下で主にサポートスタッフであると述べていた。

仮想通貨イーサ(ETH)は上昇を続けている。執筆時点までの24時間でイーサは6%超も上昇し、235ドルを突破した。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

 

【関連記事:ブロックチェーン開発企業コンセンシス、従業員の14%を解雇|ソフトウェア事業と切り分け

【関連記事:コンセンシス、トークン化したデジタル地方債の発行支援に向け証券会社を買収

【関連記事:4大穀物メジャー、JPモルガン主導のブロックチェーン「クオラム」で農作物サプライチェーンを効率化

【関連記事:JPモルガンの分散型台帳技術をフォーク、「ハイブリッドブロックチェーン」をうたう「Kadena」が立ち上げ

【関連記事:JPモルガンのブロックチェーンプラットフォーム「INN」、来年はじめにも日本で展開=ブルームバーグ

【関連記事:JPモルガン、デリバティブ取引にブロックチェーン導入 現金・担保処理を自動化

 

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B