オランダの銀行とリコー関連オフィスに郵便爆弾 仮想通貨ビットコイン要求する脅迫文【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

オランダの銀行とリコー関連オフィスに郵便爆弾 仮想通貨ビットコイン要求する脅迫文【ニュース】

オランダの銀行とリコー関連オフィスに郵便爆弾 仮想通貨ビットコイン要求する脅迫文【ニュース】

オランダの銀行とリコー関連オフィスに郵便爆弾 仮想通貨ビットコイン要求する脅迫文【ニュース】

オランダ警察によると2月12日朝、首都アムステルダムのABNアムロ銀行と南部ケルクラーデにある日本の事務機器大手リコーの現地オフィスに、ビットコイン(BTC)を要求する文言を含んだ郵便爆弾が届き、爆発した。けが人はいない。現地紙ダ・テレグラフが報じた。

ABNアムロ銀行では、郵便室で仕分けをしていた配達員が同郵便物を放り投げた直後に爆発した。関係者の話によると、その郵便配達員は「シュッーという音が聞こえたので、すぐに投げ捨てた」という。

2つ目の郵便爆弾は、1時間以内にオランダ南東部の国境沿いの町ケルクラーデにある、リコーの現地オフィスで爆発した。

手紙には、「さらなる爆弾を回避したければ、ビットコインを支払うよう」要求する内容が記載されていたという。

警察は調査を開始。2つの郵便爆弾の関連は見つかっていないが、要求内容が同じことから、アムステルダム警察の報道官レックス・ヴァン・リーベルゲン氏は、関連があるとみるのが妥当と話し、調査を継続するとしている。送り主はわかっていない。ビットコインの要求額についてもまだ開示していない。

オランダでは、2015年にもビットコイン支払いを要求する郵便爆弾が老舗スーパー「ジャンボ」の複数の店舗に届いたことがある。また、今年1月以降に金銭を要求する爆発物が入った封筒や手紙が届く事件が相次いでいる。

爆発物を送り、ビットコインを要求する事件は昨年ロシアなどでも起こっている。

昨年12月にはサンクトペテルブルグの裁判所に爆弾を仕掛け、120BTCを要求。ロシアでは多くの住民が避難する事態となっており、75万人以上の人に影響が出たとの報道も出ている。

【関連記事:ロシアで仮想通貨を要求する爆弾予告事件、疑惑の取引所から消えたビットコイン120BTCを要求

【関連記事:身代金を仮想通貨で要求したサイバー犯罪集団メンバー、米国に引き渡され裁判

【関連記事:サイバー犯罪集団が南ア・ヨハネスブルグ市にハッキング 不正入手データの身代金を仮想通貨で要求中

【関連記事:米議員によるリブラへの脅迫的な戦術、「アメリカ的ではない」=仮想通貨取引所コインベースCEOが批判

【関連記事:これが脱退の理由だったのか!米議員がストライプCEOに”脅迫文” 仮想通貨リブラめぐり

【関連記事:米フロリダ州リビエラビーチ市議会 ハッカーの攻撃に対し仮想通貨ビットコインによる身代金支払い決定

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B