ロイターとフェイスブック、2020年米大統領選に向けフェイクニュース対策で提携【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ロイターとフェイスブック、2020年米大統領選に向けフェイクニュース対策で提携【ニュース】

ロイターとフェイスブック、2020年米大統領選に向けフェイクニュース対策で提携【ニュース】

ロイターとフェイスブック、2020年米大統領選に向けフェイクニュース対策で提携【ニュース】

ロイター通信は2月12日、フェイスブックのサードパーティー・ファクトチェック・プログラム(第三者事実検証プログラム)と協力し、フェイクニュース・誤情報の特定を目的とした新たな事実確認イニシアチブの開始を発表した。ロイターが設立した事実確認ユニットは、フェイスブックおよびインスタグラムに投稿されたコンテンツを検証し、虚偽または誤解を招くメディア・記事を特定するという。まずは英語・スペイン語が対象となる。

ユーザーが投稿したコンテンツの検証

ロイターの事実確認ユニットは、ユーザー投稿のうち写真・動画・(コンテンツの)見出しの信ぴょう性を検証する。

ロイターのグローバルパートナーシップディレクター、ジェス・エイプリル氏は、次のようにコメントした。

「我々は、世界中で発生している誤報の重大さを強く認識している。日々社会に影響を与えつつ拡大している問題であり、フェイクニュースの拡散を止めるのは、報道機関とプラットフォームの責任だ」

ロイターは2月7日、国際ファクトチェックネットワーク(IFCN)による認証を通過したことを発表。ロイターは、事実確認を行ってきた報道機関であるものの、IFCN審査員のマイケル・ワグナー氏は結論と勧告で「ロイターの政治およびコミュニティ活動ポリシーは、IFCN基準に準拠していない。しかし、ロイターのポリシーは現実的かつ合理的である点に留意すべき」とコメントした。

米国の大統領選への影響

フェイスブックのサードパーティー・ファクトチェック・プログラム自体は、2016年に開始されたものだ。報道機関など第三者組織の協力を求めてきたものの、ファクトチェックに必要なデータを第三者機関EU当局に提出しないど、フェイクニュース対策に著しく消極的な姿勢への批判が続いている。

また2018年初頭、英データ分析会社ケンブリッジ・アナリティカがフェイスブックの最大8700万人分の利用者データを使い、2016年の米大統領選とブレグジット(英国の欧州連合離脱)をめぐる国民投票の結果に影響を与えたと報道された。このニュースに対して、米国では猛烈な批判が起きた。フェイスブックのザッカーバーグCEOも米議会に呼ばれて謝罪に追い込まれた

今年11月3日に行われる米大統領選挙に関し、ブロックチェーンを使った投票などを公約に掲げていたアンドリュー・ヤン氏は、自身の選挙を終わらせるつもりだと話したと報じられた。同氏は、支持者に次のように語ったという。

「やるべき仕事が残っているが、私は数学者だ。このレースで勝つ見込みがないことは数字から明らかだ。(中略)私は勝てないレースで寄付や支援を受けたいとは考えていない。そして今夜、私は大統領選挙運動を一時停止すると発表した」

【関連記事:環境監視スタートアップ、大気質センサーの収集データをブロックチェーンにリアルタイム記録・公開

【関連記事:「インターネットそのものがブロックチェーン基盤のアプリケーションになる」=セルシウスCEO

【関連記事:米規制機関FinCEN、仮想通貨ビットコイン関連で新たな規制発表へ ムニューシン長官が明かす

【関連記事:仮想通貨リブラは我々に「火をつけた」FRB議長、デジタルドルで発言

【関連記事:仮想通貨ビットコイン支持の政治家ヤン氏、大統領候補者争いから脱落 ニューハンプシャーで

【関連記事:ニューヨークタイムズ、ブロックチェーン使いフェイクニュース阻止へ|ハイパーレジャーでニュースソース検知

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B