仮想通貨ビットコインの半減期トレンド、株式市場にも波及

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインの半減期トレンド、株式市場にも波及
 

仮想通貨ビットコインの半減期トレンド、株式市場にも波及

Canaanの株価が急騰

新着記事

仮想通貨の半減期トレンドが、株式市場に波及している。

米ナスダックに上場した中国の大手仮想通貨マイニング企業Canaanの株価(CAN)が、12日に82.73%急騰した。

12日の終値は1株8.04ドル(約883円)。始値が4.42ドル(約486円)で、一時は8.69ドル(約955円)の高値をつけた。出来高に関しては、11日までの一日の平均が25万株なのに対し、12日は1000万株を超えている。

Canaanの株価は、2019年11月の上場以来、存在感が薄かった。12日朝の株価は上場時と比較して50%安の低価格水準に。TheBlockのアナリストは、マイニング機器製造企業に対して市場は強気であっても、Canaanの株価が伸び悩んでいたと指摘している。

株価下落に影響したのが、現在世界が警戒している新型コロナウイルス。中国株式市場の警戒感の煽りを受けただけでなく、マイニング企業の業績に与える影響が警戒された。

関連中国で仮想通貨採掘業務の強制停止事例

マイナーの多くは、5月に予定されるビットコイン(BTC)の半減期などを想定し、古いマイニング機器の買い替えを行っており、ハッシュレートや電力消費に関して、より性能の高い機器への需要が高まっている

実際にHut 8、Bitfarms、Argo Blockchainといった他のマイニング上場企業の株価も、今年に入ってそれぞれ76%、90%、28%上昇しており、仮想通貨ビットコインの半減期トレンドが株式市場へ波及している。

一方、Canaanの株価急騰を警戒している市場関係者もいる。その根拠は上述した新型コロナウイルスの蔓延と今後の対応に伴う不透明性だ。マイニング機器の生産・出荷が遅れれば、企業の収益にも影響が出る可能性が拭えないためだという。

米国のルール(GAAP)では、実際に機器が配達されないと企業収益として計上できない。最も影響を受けそうな今四半期の期限は3月31日である。期限までに配送しないと頭金なども収益として計上できないため、特別な好材料のないCanaanの株価の上昇は理解できないと指摘している専門家もいる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B