日銀「プロジェクト・ステラ」、分散型台帳技術に係る最新の調査報告書を公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

日銀「プロジェクト・ステラ」、分散型台帳技術に係る最新の調査報告書を公開
 

日銀「プロジェクト・ステラ」、分散型台帳技術に係る最新の調査報告書を公開

プロジェクト・ステラの報告書を公表

日本銀行と欧州中央銀行(ECB)は12日、分散型台帳技術に関する共同調査プロジェクト「プロジェクト・ステラ」について、第4フェーズの調査結果の報告書を公表した。

「プロジェクト・ステラ」は、日銀とECBが2016年12月に開始。概念整理と実機検証を通して、分散型台帳技術が金融市場インフラにもたらす可能性がある利点や課題を洗い出し、議論を行うことを目的としている。昨年までに、第3フェーズまで報告書を公開した。

関連日本銀行、ブロックチェーンと決済インフラの未来探究の模様を公開

第4フェーズの報告書のタイトルは「分散型台帳環境における取引情報の秘匿とその管理の両立」。結果については、仮想通貨のステーブルコインや中央銀行発行のデジタル通貨への活用も想定している

今回は第三者への情報アクセスを制限する技術として「プライバシー強化技術(privacy-enhancing technologies/techniques:PET)」を取り上げた。金融市場の取引をPETで秘匿化する方法と、その確認可能性を確保する仕組みを調査している。

第4フェーズの主な結果

結果として第4フェーズでは、PETの基本的な特徴を説明し、秘匿化された取引が実効的に確認可能かを評価するための観点を提案。どのPETを利用するかを選択したり、取引の確認プロセスを考案したりする時の出発点として参照することが可能だという。

確認者が必要情報を参加者から取得して、情報を確認するプロセスが3つの観点を全て満たすように行われれば、実効的な取引確認が可能になると結論付けている。

参考資料 : 日銀決済機構局

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B