XRPが15%超の上昇、強気トレンドに転換か | ビットコインは「依然として強気」【仮想通貨相場】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

XRPが15%超の上昇、強気トレンドに転換か | ビットコインは「依然として強気」【仮想通貨相場】

XRPが15%超の上昇、強気トレンドに転換か | ビットコインは「依然として強気」【仮想通貨相場】

XRPが15%超の上昇、強気トレンドに転換か | ビットコインは「依然として強気」【仮想通貨相場】

仮想通貨相場は昨日に続き、主要な仮想通貨が上昇する展開となっている。ビットコインは前日比1%上昇し、1万400ドルで推移している。

大きく上昇しているのはアルトコインだ。XRPは0.30ドルの心理的節目を3ヶ月ぶりに突破。現在は約15%上昇して、0.32ドルで取引されている。イーサ(ETH)も約11%上昇し、足元では273ドル近辺で推移している。

トロン(TRX)が9%、ステラ(XLM)やネオ(NEO)は10%近く上昇するなど、アルトコインの上昇が目立つ展開となっている

出典:Coin360 11:30時点

XRPは長期の下降トレンドを突破

3ヶ月ぶりに0.3ドル台に回復したXRPは、テクニカル的にも大きな節目を迎えているようだ。

仮想通貨アナリストのジェイコブ・キャンフィールド氏は、XRPが長期の下降トレンドラインを突破したと指摘。200日間移動平均線(EMA)が新たなサポートになっていると述べている。

出典:@JacobCanfield

海外の著名テクニカルアナリストのアレッシオ・ラスターニ氏は、2020年に注目する仮想通貨の1つにXRPをあげ「上昇トレンドを確認するためには少なくとも0.3ドル、0.25ドルを確認しなければならない」とみていた

ビットコインは「依然として強気」

マーケット分析を手掛けるヘッジアイ・リスクマネジメントのキース・マクロウCEOは、ビットコインは依然として強気トレンドにあると指摘している

マクロウ氏の分析では、ビットコインは8998~1万264ドルの「リスク範囲」に留まっていると述べている(リスク範囲とはマクロウ氏の企業で採用している指標で試算の売り買いを測るものという)。マクロウ氏の分析では、9000ドル近くまで下落したとしても、ビットコインは買いの機会になるという。

反落の兆し?

一方で、仮想通貨コミュニティの中にはビットコインの反落する兆しがあると指摘するものもいる。

仮想通貨トレーダーのジョシュ・ラガー氏は、DMやEメールでアルトコインやビットコインを買うべきかどうかという質問がランダムに来るようになったと指摘。ラガー氏は前回の高値であるBTC1万3000ドル突破の際にも同様の傾向があったとして、「反落が近づいているという明確なサインだ」と述べている。

またラガー氏は主要経済メディアであるCNBCがビットコインを大々的に取り上げるのも、反落の兆候だと指摘している

また、著名テクニカルアナリストのDonAlt氏は、意味深なツイートをしている。「バケーションにいくつもりだ」という言葉とともに、ビットコインが7500ドル付近まで戻る可能性があると示唆するツイートをしている。

【関連記事:1万1000ドル以上への上昇なるか ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析

【関連記事:アルトシーズン到来の中、仮想通貨テゾスが突出|1週間で50%増

【関連記事:仮想通貨デリバティブ盛況|バックトとCME、ビットコイン先物で揃って過去最高を記録

【関連記事:仮想通貨XRP(リップル)が3ヶ月ぶりに大台回復

【関連記事:イーサ急騰止まらず、あらゆる指標でビットコイン上回る|ネムは年初来で130%超も上昇

【関連記事:GMOの熊谷CEO「ビットコイン半減期はチャンス」 仮想通貨マイニング事業に自信 | 19年通期は減収増益

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B