「あなたが好きです」ビットコインの愛はバレンタインに花開く?【仮想通貨相場】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「あなたが好きです」ビットコインの愛はバレンタインに花開く?【仮想通貨相場】

「あなたが好きです」ビットコインの愛はバレンタインに花開く?【仮想通貨相場】

「あなたが好きです」ビットコインの愛はバレンタインに花開く?【仮想通貨相場】

バレンタインデーとなった14日、ビットコインは1万ドルを維持し、一部のアナリストは今年、ビットコイン価格が過去最高値を記録すると予想している。1ヶ月で仮想通貨相場の動きでは、ほぼすべての仮想通貨が大きく上昇している。

coin360

(出典:Coin360 過去1ヶ月の推移 2月14日12時10分)

本日、バレンタインデーは金曜日だ。金曜日は以前の記事でもっとも投資リターンが良い曜日であることが明らかになっている。

それではバレンタインデーのビットコインと主要アルトコインの過去のリターンはどうなっているのだろうか?

ビットコインとXRPは相思相愛?

2015年以降の過去5年間のデータを見ると、バレンタインデーはビットコインやイーサ(ETH)、XRPにとって非常に良い結果となっている。2019年以外、ビットコインはすべての年次でプラスで、2018年には9%を超えるリターンを生んでいる。年間の平均リターンは4.73%だ。

一方、XRPも同様で、平均リターンは3.28%。ビットコインと同様に2018年がもっともリターンが高く、10.15%だった。ビットコインとXRPは2015年以降、バレンタインデーで似たような動きをしており、65%以上、相関している。

一方でイーサは異なる動きを示している。2017年にビットコインとXRPがわずかなリターンとなる中で、14.5%と大きくリターンがあった。

バレンタインとビットコイン

(2015年以降のBTC、ETH、XRPの2月14日におけるリターン)

この調査から投資家が毎年バレンタインデーのみにこれらの仮想通貨を購入した場合、ビットコインは24%、ETHは20%、XRPは16%のリターンとなる。

また、累積利益率で見ると、ビットコインがもっとも高く、続いてETH、XRPとなった。

バレンタインと仮想通貨

(2015年以降のバレンタインデーのみに投資した場合の累積リターン)

こうした価格動向はバレンタインデーの前日、2月13日に、それぞれの仮想通貨でもある傾向が見られた。

ビットコインとXRPは5年間のうち3年間で、2月13日にマイナスのリターンを示した。ただ、5年間の平均ではビットコインは2.75%のプラス、XRPも1.78%の利益を得ていた。一方ETHでは2月13日のリターンは毎年マイナスになっていた。13日のみでETHを購入していれば、合計のリターンは-6.8%だ。

毎年のバレンタインデーの取引長

ビットコインにおけるバレンタインデーの24時間の取引量は2019年を除き、平均で22%と一貫して増加している。2019年のみは2.6%減だった。

ETHとXRPについては取引量のある一定の傾向は見られなかった。

バレンタインとビットコイン

(2015年以降のビットコインのバレンタインデーの取引量)

2020年のバレンタインデーは予測は「強気」?

株式相場では曜日によるリターンの違いについて「週末効果」というのがある。これは、月曜日の株価の平均リターンがマイナスだというものだ。この理由の説明として、株式市場が週末にマーケットが開かれていないため、特定の株への影響が月曜日に顕著に現れるとされている。

バレンタインデーは祝日ではないが、前日にはバレンタインデー当日よりも低いリターンとなった。投資家はバレンタインデー当日にポジティブなリターンを得ることができるかもしれない。

今後はバレンタインデーにフォーカスした投資というのもありかも?

【関連記事:ビットコインを買うなら何曜日? データ分析でわかった仮想通貨相場の「曜日効果」

【関連記事:ビットコインに「血のバレンタイン」ありうる?8500ドルまで下落の予想も

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B