ブロックチェーンゲーム、過去1週間の取引高が1億円超に | 仮想空間での「不動産取引」が活況【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーンゲーム、過去1週間の取引高が1億円超に | 仮想空間での「不動産取引」が活況【ニュース】

ブロックチェーンゲーム、過去1週間の取引高が1億円超に | 仮想空間での「不動産取引」が活況【ニュース】

ブロックチェーンゲーム、過去1週間の取引高が1億円超に | 仮想空間での「不動産取引」が活況【ニュース】

仮想通貨市場の好調と軌を一にして、ブロックチェーンゲームも活況のようだ。ブロックチェーンゲームのデータベースであるNonFungible.comによれば、過去1週間で100万ドル(約1億900万円)相当の仮想通貨が取引された。

仮想空間での不動産取引が活況

仮想世界での不動産を取引するデセントラランド(Decentraland)は、過去1週間で60万ドル以上の取引高を記録している。デセントラランドはデジタル空間上の仮想世界の中で「LAND」と呼ばれる土地を取引することができる。

デセントラランドはイーサリアム(ETH)のブロックチェーンをベースとしており、ERC20トークンであるMANAを使うことで土地を購入できる。MANAトークンは過去1週間で0.045ドルから0.06ドル近辺まで上昇している。

またサンドボックス(The Sandbox)が17万ドル、クリプトボクセルズ(CRYPTOVOXELS)が16万ドル以上の取引高を記録している。

サンドボックスは、ゲームキャラクターなどをノンファンジブルトークン(NFTs)として作成・マネタイズできるプラットフォーム。こちらでも取引されているのは「LAND」というNFTであり、サンドボックスが展開する仮想現実スペースにある土地を指す。

また昨年、取引高が急拡大して注目されたETHベースのトレーディングカードゲームのゴッズアンチェインド(Gods Unchained)も8万ドル超の取引高となっている。

ブロックチェーンゲーム市場への注目

著名起業家ウィンクルボス兄弟率いる仮想通貨取引所ジェミニが11月、ニフティ・ゲートウェイ(Nifty Gateway)の買収を発表した。ニフティ・ゲートウェイは、クレジットカードを利用し、仮想通貨イーサリアム(ETH)のERC-721規格に基づくNFTトークンを法定通貨で購入・管理できるサービスを提供している。

タイラー・ウィンクルボス氏は「仮想通貨は未来のお金の先がけで、デジタルグッズやゲーム内アイテムの収集も可能にする」と語り、将来的にNFTによるデジタルグッズ市場が成長すると期待を寄せている。

また日本では今週、ブロックチェーンコンテンツ協会が発足した。博報堂やgumi、Dapps(分散型アプリ)ゲームを手掛けるアクセルマークやdouble jump.tokyo、アートとブロックチェーンでコンテンツを手掛けるスタートバーンなど10社が会員企業として参画している。

ブロックチェーンゲームを巡る自主規制やユーザー保護を進め、日本でのブロックチェーンコンテンツの成長を促す役割を担うとしている。

【関連記事:イーサとフォートナイトのゲーム通貨を「仮想通貨」の例から削除、米税務当局|ビットコインは残る

【関連記事:ブロックチェーンコンテンツ協会が発足、Dappsゲームなどの自主規制やユーザー保護の実現図る

【関連記事:仮想通貨取引所ジェミニ、ノンファンジブル・トークン(NFT)を法定通貨で購入できるサービス企業を買収

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B