仮想通貨取引所バイナンス、韓国ウォンなど15法定通貨での購入サポート【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨取引所バイナンス、韓国ウォンなど15法定通貨での購入サポート【ニュース】

仮想通貨取引所バイナンス、韓国ウォンなど15法定通貨での購入サポート【ニュース】

仮想通貨取引所バイナンス、韓国ウォンなど15法定通貨での購入サポート【ニュース】

仮想通貨取引所バイナンスは14日、決済処理プロバイダーであるシンプレクスのサービスを通じて、韓国ウォンなど15法定通貨による仮想通貨購入をサポートすると発表した

ユーザーはシンプレックスを通じてVISAやマスターカード経由でビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)、XRPなどの仮想通貨を購入することができる。

今回対応する法定通貨は、英ポンド(GBP)、韓国ウォン(KRW)、ロシアルーブル(RUB)、豪州ドル(AUD)、スイスフラン(CHF)、チェココルナ(CZX)、デンマーククローネ(DKK)、ノルウェークローネ(NOK)、トルコリラ(TRY)、南アフリカランド(ZAR)、ハンガリーフォリント(HUF)、イスラエルシェケル(ILS)。

このオプションで購入できる仮想通貨は、ビットコインやETH、XRPのほか、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、バイナンスコイン(BNB)だ。

バイナンスは180の法定通貨対応目指す

バイナンスのジャオ・チャンポンCEOは1月2日のブログの中で、最終的に世界180にのぼる法定通貨に対応していく考えを表明している

ジャオ・チャンポンCEOは「2020年の主要な目標の1つは、仮想通貨を大衆化することだ」とし、このために180を超える法定通貨で仮想通貨取引を可能にすることを目指すと語っている。

またバイナンスは2月6日、大手仮想通貨取引所バイナンスは、トレーディングビュー(TradiingView)の元幹部を起用し、法定通貨と仮想通貨のゲートウェイをさらに強化することを発表している。トレーディングビューの元最高執行責任者(COO)だったイスカンダル・マリコフ(Iskander Malikov)氏が、欧州およびCIS地域の法定通貨担当の新しいディレクターとして起用。 法定通貨と仮想通貨のゲートウェイ構築に注力する としている。

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、トレーディングビュー元COOを起用 欧州地域での法定通貨拡大に注力

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、競合取引所フォビから欧州・中南米担当責任者を起用

【関連記事:仮想通貨取引所バイナンス、ノルウェーとクロアチアの法定通貨に対応

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B