大阪・万博公園で電動カートとスマホ用いる次世代モビリティ実験開始

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

大阪・万博公園で電動カートとスマホ用いる次世代モビリティ実験開始

(Image: Romix Image / Shutterstock.com)

大阪府吹田市の万博記念公園で、電動カートのオンデマンド配車を行う実証実験が2月13日にスタートした。来園者はスマホアプリ経由で電動カートを呼び出すことができ、園内での移動手段として利用できる。次世代モビリティの有効性を検証する実証実験となる。関西電力とダイヘンが主体となり、大阪商工会議所の支援のもと、18日まで行われる。

TISは2月14日、同実験を支援していることを発表した。同社はINDETAILらと共に過疎地域での交通網をブロックチェーンなどの次世代技術を用いて実現する「ISOU PROJECT」を進めている。北海道での実証実験で用いた電気自動車の配車システムを、万博公園の実験において電動カートのオンデマンド配車システムに応用しているという。

万博公園の実験では、移動手段として使用済ハイブリッド車の部品を再利用した電動カートを用いる。車両は太陽光発電搭載ワイヤレス充電システムを備え、オンデマンド配車サービスと充電のワイヤレス化が検証項目となる。また、車両とスマホアプリを活用した位置情報監視も行い、子供や高齢者の安全利用、人流分析なども行うとのこと。

来園者向けの配車システムを行うと同時に、同じ車両を園内の管理業務にも用いる。園内管理者と来園者がカーシェア運用を行うことで、園内管理の利便性向上が図れるかを検証するという。

万博公園での実証実験イメージ

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B