米リップル出資のBRD社、金融機関向けSaaSをXRPに対応

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米リップル出資のBRD社、金融機関向けSaaSをXRPに対応

(Image: Shutterstock.com)

米リップルは2月12日、仮想通貨ウォレットアプリ「BRD」を開発するBRD社の法人向け新サービス「Blockset(ブロックセット)」が仮想通貨XRPに対応したことを発表した。併せてBRDウォレットのXRP対応についても報告。iOS版が対応済みで、Android版が対応予定だという。

BRD社のBlocksetは、銀行や金融機関、仮想通貨関連企業が低コストで簡単にブロックチェーンを導入できるブロックチェーンデータ統合プラットフォーム。既存のエンジニアがエンタープライズ規模のブロックチェーンアプリケーションを構築することができる。

BRDはこの新サービスを、「ダウンタイムがなく可用性に優れたSaaS」であると説明した。単一のAPIを介してオンチェーン・データにアクセスし、複数のチェーン上でリアルタイムトランザクション作成を可能にするツール群を提供するという。Blocksetが対応する最初の仮想通貨の1つがXRPとなる。

また、BRD社は、App StoreおよびGoogle Playストアを通じて世界170か国・300万ユーザーへ仮想通貨向けウォレットアプリBRDウォレットを提供している。日本でもサービスを展開中だ。BRDウォレットは、Bitcoin(BTC)、Bitcoin Cash(BCH)、Ethereum(ETH)を扱うことができるほか、BRD社発行のBRDトークンを含む多様なEthereumのERC-20トークンなどに対応している。

BRD社には、リップルの投資部門Xpring(スプリング)が2019年10月に出資している。BRD社はリップルとの関係を活用して、Blockset以外の製品にも、新しい機能をもたらし、展開をさらに容易にするXpringのAPI開発を支援する予定であることも明かした。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B