米省庁、仮想通貨関連業務の予算増を要請

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米省庁、仮想通貨関連業務の予算増を要請
 

米省庁、仮想通貨関連業務の予算増を要請

仮想通貨関連の予算増額要求

2021年会計年度において米国の様々な省庁が、仮想通貨関連の監視や業務を行うために予算を求めていることが分かった。

先日にもトランプ政権は2021年度予算教書を発表。仮想通貨の監視を強化するため、シークレットサービスを財務省管轄下に編入することを提案しており、米国における仮想通貨関連の監視強化が進みそうだ。

背景としては、予算教書の内容がある。仮想通貨や国際金融市場の相互接続性など、ここ数十年の技術的進歩により、金融犯罪やインターネット上の犯罪がテロリストの資金調達と密接に関わることとを指摘している。

内国歳入庁(IRS)は、「サイバーおよび仮想通貨コンプライアンスの取り組みを拡大する」ために4054万ドル(約45億円)を望んでいる。

予算に関する内容

人員確保が実現すれば、2023年度から2025年度までに、追加で約450件の犯罪捜査を完了することができる見込み。

現在、OFACには仮想通貨の不正使用を専門として業務を行う調査員は一人しかいないが、監視対象とする者による仮想通貨の使用増加が報告されているとして、人員強化を要請している。

これらの資金により、国際的な要素を含む調査の能力が強化され、ソフトウェアツールを活用することで、仮想通貨分析の件数を倍にし、ビッグデータ分析の容量を増やすことができるという。

商品先物取引委員会(CFTC)のような独立機関も、仮想通貨関連の取り組みを行うため、リスク・清算部門と執行部門が増額を求めている。

仮想通貨への取り組みに直接関わらないが、間接的に仮想通貨が予算増額要求の背景になっているケースもある。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B