米連邦検察、仮想通貨メディア「コイン・ニンジャ」CEOを起訴・逮捕 340億円相当のマネロン関与の疑い【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米連邦検察、仮想通貨メディア「コイン・ニンジャ」CEOを起訴・逮捕 340億円相当のマネロン関与の疑い【ニュース】

米連邦検察、仮想通貨メディア「コイン・ニンジャ」CEOを起訴・逮捕 340億円相当のマネロン関与の疑い【ニュース】

米連邦検察、仮想通貨メディア「コイン・ニンジャ」CEOを起訴・逮捕 340億円相当のマネロン関与の疑い【ニュース】

米連邦検察は、ビットコインメディアのCoin Ninja(コイン・ニンジャ)CEOで仮想通貨ウォレットプロバイダーのドロップビット(DropBit)の創設者であるラリー・ハーモン氏を、マネーロンダリングとFinCEN(金融犯罪捜査網)の許可なしに送金事業を行った疑いで、起訴・逮捕されていたことがわかった

今月に申請された逮捕状によると、ハーモン氏は、ビットコイン35万4468BTC(当時約340億円相当)超の資金洗浄に関与した疑いで昨年12月に起訴、今月6日に逮捕された。

プライバシーツール「Helix(ヘリックス)」およびダークネット検索エンジン「Grams(グラムス)」のユーザーらが、ヘロインなどが売買されていた闇市場として知られ2017年に閉鎖した「AlphaBay(アルファベイ)」で送金できるようにしていた。ヘリックスは、ユーザーらにコインをコインジョインで資金の匿名性を高め、追跡を困難にさせていたとされる。

ハーモン氏は、30年の禁固刑が求刑される可能性がある。

ジャーナリストでポッドキャスターのピーター・マックコーマック氏によると、ハーモンの兄弟であるグレイ・ハーモン氏の話として、コイン・ニンジャの資産は凍結され、米連邦捜査局FBIがビットコイン4000ドルをライトニングネットワークのノードから取り去ったという。

マコーマック氏によると、ラリー・ハーモン氏は、すべての資産が没収されたが、逃亡の恐れがあるとして保釈されていない。

ドロップビットは、ユーザーがTwitterアカウントや電話番号を使用してオンチェーン上や、ライトニングネットワーク経由でBTCを送信できるため、ビットコイナーの間で注目を集めている仮想通貨ウォレットとして知られる。

 

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B