BitMEX、仮想通貨XRP先物「フラッシュ・クラッシュ」損失分は補償せず|弁護士の見解と他事例

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

BitMEX、仮想通貨XRP先物「フラッシュ・クラッシュ」損失分は補償せず|弁護士の見解と他事例
 

BitMEX、仮想通貨XRP先物「フラッシュ・クラッシュ」損失分は補償せず|弁護士の見解と他事例

BitMEXが対応方針を発表

世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXは14日、XRP/USD取引の「フラッシュ・クラッシュ」が発生したことを受け、対応方針を発表した。

この件でポジションを強制決済(清算)された一部利用者からクレームが殺到。責任追及の声が高まっていた。

BitMEXは今回の件に関して、「一部トレーダーが行なっていた逆指値はインデックス価格でなく、実際のラスト取引価格で実施された」と説明。「調査の結果、システムやストップロスの仕組みに問題なかった」と続けた。

弁護士の見解

実際に、2019年7月にBitMEXがCFTCから調査を受けた事例があったが、調査結果の公表には至っていない。

フラッシュ・クラッシュは今回の件だけでなく、米コインベースでも起きた事例があるが、コインベースの場合は現物取引であるため、証拠金による強制清算は発生しなかった。

一方、サーキットブレイクなどによるフラッシュ・クラッシュが時々見られる米取引所Krakenは、2019年に渡り連邦捜査局『FBI』からの召喚状や調査要求書を大量に受けていたことを報告している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B