「仮想通貨ビットコイン半減期に関する2つの観点」 コインベースによる考察

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

「仮想通貨ビットコイン半減期に関する2つの観点」 コインベースによる考察
 

「仮想通貨ビットコイン半減期に関する2つの観点」 コインベースによる考察

コインベース、半減期についての考察を発表

2020年5月のビットコイン半減期を目前にして、米最大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースは、それに関する考察する記事を投稿した

ビットコインはマイニングによる報酬がそれまでの半分になる「半減期」を迎えるように設計されており、次の半減期は2012年と2016年に続く三回目のものとなる。

現在、1800万以上のビットコインが既に採掘されており(最終供給量の86%)、ブロックごとに12.5個の新しいBTCが発行されている。この発行数は、2020年5月より6.25BTCに下がる。

バイナンスのカウントダウンによると、半減期まで残り76日だ。

過去の半減期で起きた状況

半減期についての二つの考え方

これによりビットコインのインフレ率は年間3.6%から1.7%となり、米ドルの目標インフレ(2%)よりも低く、ほぼ金と同等になるとの試算だ。このことは、ビットコインは価値の保存手段としての「デジタル・ゴールド」であるという言説を強化する可能性を高めていくと見られる。

2012年の半減期の際は、長くBTC価格が横這いの時期に訪れたが、その数ヵ月後に大きな強気相場が続いた。価格は当時の過去最高値をつけた。

そして2016年の半減期の際は、ビットコインは2013年に届いた天井から下落した後、また価格は停滞していた。しかし半減期から6か月後には、ビットコインは勢いを増し始め、2017年には高騰した。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B