アクセンチュア、インド・プネーに1200人規模の共同開発拠点を開設

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アクセンチュア、インド・プネーに1200人規模の共同開発拠点を開設

アクセンチュアは2月26日、インド・プネーのSPインフォシティーに新たな開発拠点を設置したことを発表した。1200人規模の同施設は、同社がアジア太平洋地域に保有する研究開発拠点の中で2番目に大きいものとなる。拡張現実(AR)、人工知能(AI)、IoT、ブロックチェーン、量子コンピューティングをはじめとした先端技術を扱うという。

プネーの新施設は「イノベーションハブ」と呼ばれ、同社がインドのハイデラバードとバンガロールに設置する同名施設と同様、クライアント企業との共同開発ができる形態とのこと。

同社は昨今、スウェーデン中央銀行のe-kronaや、欧州中央銀行のデジタルユーロをはじめ、中銀デジタル通貨(CBDC)の実証実験において技術協力企業として頻繁に名前が挙がる。国内でも、三菱UFJ主導のセキュリティトークン研究コンソーシアムへの参画やふくおかフィナンシャルグループと地域ポイントの実証実験などを行ってきた。

業界の調査レポートなども提供している同社は「急速な技術革新が世界中の企業に競争圧力を与えている」ことを繰り返し主張してきた。インドで3つ目となる今回の開発拠点設置は、未来に向け先進技術を採用する企業へのさらなる支援と、同地域での新たな人材獲得を目的としている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B