アリババ、アリペイにブロックチェーン活用無接触入札機能

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

アリババ、アリペイにブロックチェーン活用無接触入札機能

(Image: Robert Wei / Shutterstock.com)

新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している中国で、リモートワーク支援ソリューションの釘釘(Dingding)、アリババクラウド、決済アプリ「アリペイ(支付宝)」、出前アプリ餓了麼(Eleme)のアリババグループ4社は2月15日、企業が安全に業務を再開するための支援策を発表した。中国経済メディアの金融界が報じた。

2月15日に発表した支援策によると、釘釘は企業が地方政府に業務再開を申請できるプラットフォームや、従業員の健康状況、列車の乗車や飛行機の搭乗履歴を管理できるシステムを開発・開放する。また、アリペイはブロックチェーン技術を用いてオンラインで入札・応札ができる機能を追加し、「無接触入札」を可能にする。

餓了麼は全国の企業や地方政府向けに、食事を配送する。

中国は本来、1月24日から30日が春節休暇だったが、新型コロナウイルスの影響で休暇が2月2日まで延長され、さらに北京市や上海市など多くの都市は企業に対し、2月10日の操業再開を指示した。10日から徐々に企業活動は再開しているが、工場を中心に多くの企業が16日まで操業を自粛している。

武漢のある湖北省以外では感染者数に歯止めがかかりつつあるが、17日の企業活動本格再開で、再び感染が広がる懸念がある。また、感染予防のためにリモートワークを推奨する企業も増えている。

環球網によるとリモートワークが拡大し(参考記事)、釘釘はiTunes App Storeでのダウンロード数が2月12日まで一週間連続で首位だった。釘釘はアリババクラウドの容量を拡大し、需要増大に対応するとともに、1000万社にリモートワーク支援ソリューションを無償提供している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B