システムの穴を突いて仮想通貨ETHを大量に獲得した方法:元GoolgeエンジニアがbZx不正利用問題を解説

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

システムの穴を突いて仮想通貨ETHを大量に獲得した方法:元GoolgeエンジニアがbZx不正利用問題を解説
 

システムの穴を突いて仮想通貨ETHを大量に獲得した方法:元GoolgeエンジニアがbZx不正利用問題を解説

DeFiレンディングサービス「bZx」で「フラッシュ・ローン」を利用した攻撃

新着記事

分散型金融(DeFi)のレンディングサービスであるbZxで、イーサリアム(ETH)が喪失した。

DeFiのレンディングプラットフォームであるbZxが15日攻撃された。攻撃者は、1トランザクション内なら無担保で仮想通貨を借り入れることができる「フラッシュ・ローン」の仕組みを利用してETHを借り入れ、異なるDeFiプラットフォームで空売り。通貨価格を価格を急落させたのちに決済を行い短時間で利益を上げた模様だ。

bZxは現在攻撃の詳細について調査中で、喪失した額の詳細は明らかにされていないが、defiprimeの調査によるとbZxのプラットフォーム「Fulcrum」の被害額は100万ドル相当に及ぶという。

bZxの報告によると、ユーザーの預金は安全な状況で、今回の攻撃を受けてFulcrumは一時閉鎖された。現時点では、攻撃を防ぐアップデートが実行され、復旧に至っている。

システムの穴をつく価格操作攻撃

DeFiでは、スマートコントラクトを用いて仮想通貨のレンディングなどを行う。今回の攻撃では、スマートコントラクトは正常に作動している。この攻撃はシステムの穴をついた攻撃であり、通常のスマートコントラクトなどのシステム自体がハッキングされたわけではないことに留意しなければならない。

②攻撃者は借り入れた10,000 ETHのうち5,000 ETHをDeFiプラットフォーム「Compound」で112 WBTCと交換(WBTCは、ビットコインに紐づいたイーサリアムベースのトークン)。

④112 WBTCを別のプラットフォーム「Uniswap」に送金。需給バランスが崩れWBTC/ETHが一時的にクラッシュした。

⑤「Fulcrum」のWBTC参照価格も下落。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B