ディーカレット、日本企業が利用可能なBCデジタル通貨発行プラットフォームを発表 仮想通貨との違いは?

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ディーカレット、日本企業が利用可能なBCデジタル通貨発行プラットフォームを発表 仮想通貨との違いは?
 

ディーカレット、日本企業が利用可能なBCデジタル通貨発行プラットフォームを発表 仮想通貨との違いは?

ディーカレット、日本企業が利用可能なブロックチェーンデジタル通貨を発表

仮想通貨取引所を運営するディーカレットは18日、通貨の価格変動が行われないブロックチェーン上で発行するデジタル通貨「プログラマブルマネー」を新たに発表した。企業が決済などで利用できるブロックチェーンデジタル通貨の新たな形だ。

⑸発行体の管理外の取引者へのデジタル通貨の送受はできない

ブロックチェーン上のトークン(権利やアイテム等)と同期決済 例:デジタルアイテム、デジタル証券、オンラインチケットなど

ディーカレットがデジタル通貨のメインバンクを目標に掲げる中で、仮想通貨のプラットフォームの立ち上げを行なってきたが、新たにフェーズ2として、デジタル通貨ビジネスに乗り出す。

利用・譲渡制限 例:寄付や交付金、エスクロー、レンディングなど

M2M 例:機械同士のP2P決済

今回の話を理解する上の前提知識としては、デジタル通貨とは?という点と、その棲み分けがある。

例えば、デジタル通貨には、前払い式のSuicaや、資金移動残高型の〜PAY、民間が発行する仮想通貨や、複数の資産をバスケット型にしたリブラや単一法定通貨をペッグするUSDTなどのようなステーブルコインも存在する。

KDDIなどと共同検証を実施へ

ディーカレットは、この法的な整理を行う上で、日本の企業が使えるブロックチェーン上で発行するデジタル通貨のサポートをプラットフォームとして展開する。これが、「プログラマブルマネー」の発行モデルだ。

法律上の整理としては、資金移動型の電子マネーとして設計(仮想通貨ではない)。発行・管理プラットフォームとしては、ブロックチェーンを利用し、単純な決済だけでなく、ブロックチェーンならではの特性であるスマートコントラクトの実行環境なども提供する。(まずは、エンタープライズ向けのイーサリアムを利用)

大手企業が株主(30社)にいるディーカレットは、日本の企業が電子マネーに求めるニーズを調査したことも、「プログラマブルマネー」の構想に至った背景にある。

具体的には、多くの企業がブロックチェーンを利用して、STOなど多くのPoCを行なっているが、ここをスマートコントラクトで繋ぎたいというニーズがあった。しかし、可能にするステーブルコインが日本では使えないことで、宙に浮いてしまっている状況が浮き彫りになったという。

発行や保全の仕組みも、法律に従う形で行う。資金移動業に即した発行・流通スキームは以下の通り。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B