ビットコインの続落受け、アルト市場も売り先行 仮想通貨市場の相場傾向に一貫性も

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ビットコインの続落受け、アルト市場も売り先行 仮想通貨市場の相場傾向に一貫性も
 

ビットコインの続落受け、アルト市場も売り先行 仮想通貨市場の相場傾向に一貫性も

ビットコインの続落受け、アルト市場も売り先行

仮想通貨市場は26日、ビットコインが9300ドルまで下げ幅を拡大。2月中旬まで好調に推移したアルトコイン市場で売りが先行した。

ビットコインが、今月4度目となる心理的節目10000ドルに続伸を阻まれ反落すると、弱含みの展開に。半減期を目処にリスクオン相場を意識したアルト買いの流れも、売りに転じた。

仮想通貨市場も含め、投資家心理を悪化させた要因にあるのは、世界的株安から見るリスクオフ相場への転換。新型肺炎への警戒感で、米株が連日で急落。ダウ工業株30種平均は、2日間の下げ幅1911ドルと過去最大を記録した。

これまで高値を更新する堅調な相場が続いていただけに、下げ幅が拡大。投資家の恐怖感を示すとされる「VIX指数」も18年12月以来の高水準へと急上昇するなど、世界経済の不透明性に市場が警戒感を示している。

時を遡れば、半減期を見越した潜在的なビットコイン買い需要が先行して強気相場に転換した仮想通貨市場では、意識された材料に『価値の保存先』としての安全資産性が挙がった。

一方で、世界的な株安の流れを受け、ビットコインが下落した今回の事例。日本経済および世界主要国のリスクシナリオにも正の相関性を示したビットコインに、安全資産としての議論は再び加速しそうだ。

これは、仮想通貨取引所TaoTaoでクリプトアナリストを務める仮想NISHI氏が提唱するビットコインの資産性の捉え方。例えば、中東緊迫における有事は、この『軍事的有事(軍事的なリスク)』に該当し、有事の際の安全資産としての側面を強めるが、経済危機など『経済的有事』では、リスクオフの流れに同調するというものだ。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B