ブロックチェーン関連金融サービス企業、投資持株会社の逆取得でナスダック上場を目指す|SECが合併承認【ニュース】

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

ブロックチェーン関連金融サービス企業、投資持株会社の逆取得でナスダック上場を目指す|SECが合併承認【ニュース】

ブロックチェーン関連金融サービス企業、投資持株会社の逆取得でナスダック上場を目指す|SECが合併承認【ニュース】

ブロックチェーン関連金融サービス企業、投資持株会社の逆取得でナスダック上場を目指す|SECが合併承認【ニュース】

ヴァージン諸島拠点の投資持株会社8iエンタープライゼス・アクィジションは2月24日、米証券取引委員会(SEC)の承認を受け、ブロックチェーン関連の金融サービス企業「Diginex(ディジネックス)」との企業結合検討のための株主総会を3月20日開催すると発表した

2019年7月、Diginexは、8iとの逆取得(逆さ合併)を締結すると報じられた。合併完了後ナスダックに上場予定と報じられており、Diginexのリチャード・バイワースCEOはナスダック初の多角化企業になると主張した。

負債を含め2億7600万ドル(約306億ドル)かかるという。またDiginexの株主は、1株当たり10ドル相当の8i普通株2000万株を取得するそうだ。

一般公開

コインテレグラフがDiginexにコメントを求めたところ、創業者のマイルズ・ペルハム(Miles Pelham)氏が、株主の投票後上場し3月末までに取引されると明らかにした。同氏は、Diginexが取締役会に新たなハイレベルのアポイントメントを計画していると述べ、次のように付け加えた。

「上場企業は、透明性とガバナンスの観点から最も高い水準にあり、法規制や市場規範を厳密に遵守していない可能性がある市場関係者にとって多くの課題がある。幸いなことに、我々は高い水準を保持しており、上場がもたらす監視や透明性を歓迎する」

またバイワースCEOは、Diginexのソリューションは多くの優良企業や国連で使用されていると主張した。「当社の取引所の立ち上げにより、仮想通貨資産クラスを取り巻く現在の初期デリバティブ市場は完全に再構築される。ナスダックの上場は、プラットフォームとインフラの完全な立ち上げのより良い背景とはならなかった」と述べた。

【関連記事:香港の仮想通貨ファンドのライセンス制度、ほとんど利用されず

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B