中国人民銀、金融業界での分散台帳技術標準を策定

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

中国人民銀、金融業界での分散台帳技術標準を策定

(Image: testing / Shutterstock.com)

中国の中央銀行である中国人民銀行はこのほど、金融業界における分散台帳技術(DLT)の業界標準「金融分散技術安全規範」を発表した。

同標準規格(規範)は中国人民銀行デジタル通貨研究所を中心に、中国工商銀行など4大国有銀行、国家開発銀行なども参画して策定。DLTを金融分野で実装する上で、情報セキュリティーを確保しながら、健全な業界発展を促すことを目的としている。

「金融分散技術安全規範」ではハードウェア、ソフトウェア、暗号アルゴリズム、ノード、台帳データ、ID管理、スマートコントラクト、プライバシー保護、コンセンサスアルゴリズム、ガバナンスなどのDLTのセキュリティーシステムのルールが記載されている。

同規範は「ブロックチェーン」という言葉が使われておらず、公表後に「ブロックチェーンの金融業界標準とは別なのか」という疑問も寄せられたが、起草者の1人は中国メディアの取材に対し、「基本的には今のところ、ブロックチェーンの業界標準と考えてもらっていい」と回答した(参考記事)。

また、規範では中国語のDLT観点用語の英語対訳も添えられている。

標準規範の発表に先立ち、中央人民銀行デジタル通貨研究所ブロックチェーンワーキンググループは、「ブロックチェーン技術の発展と管理」という文章も発表、その中で「2019年後半は、ブロックチェーンバブルが起き、過度な期待が結果的に投資家に損失をもたらした」と指摘し、健全な発展の必要性を強調していた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B