仮想通貨ビットコインゴールド、一匹のクジラが市場支配か 供給量の約半分を保有

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ビットコインゴールド、一匹のクジラが市場支配か 供給量の約半分を保有
 

仮想通貨ビットコインゴールド、一匹のクジラが市場支配か 供給量の約半分を保有

ビットコインゴールドのクジラ

匿名のアナリストが、ビットコインゴールド(BTG)は一匹のクジラ(大口投資家)が市場を支配しているとする論文を発表した。

アナリストはBTGをおよそ1年に渡って調査。1つの主体が供給量の最大45%のBTGを所有していると指摘している。BTGはビットコイン(BTC)から分裂した仮想通貨(暗号資産)だ。

今回の調査では、2018年8月16日から2019年7月22日までの合計340日間を対象にしている。クジラが買い注文を行ったのはその内の280日で、1万BTG超の購入が62日あるなど細かくデータトラッキングを行なった。

BTCから分裂したブロックチェーン上にあるBTGは、その時点までの履歴を含んでいる。このことは、動かないBTCの数と少なくとも同数のBTGが、同様に止まったままであることを意味すると説明している。

今回の調査ではアドレスなどをもとに、どこの取引所にBTGが移動したかまで、詳細に調査したという。

問題は、証拠金取引のロングポジションなど、今回確認した一連の行動を1つの主体が行ったとする根拠だ。

参考資料 : Only Foresight

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B