仮想通貨ヘッジファンド指標、1月利益率が2017年以来の「プラス圏」に浮上

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨ヘッジファンド指標、1月利益率が2017年以来の「プラス圏」に浮上
 

仮想通貨ヘッジファンド指標、1月利益率が2017年以来の「プラス圏」に浮上

仮想通貨のヘッジファンド指標が好調示す

仮想通貨(暗号資産)のヘッジファンド指標「Eurekahedge Crypto-Currency Hedge Fund Index」において、1月の月間利益率が18.62%を記録している。

本数値は、1月の利益を報告したヘッジファンドの結果に基づいている。本指標は全ヘッジファンドの結果を含んでいるものではないが、市場の傾向を把握するのに活用できる。

2020年の仮想通貨市場は、ビットコイン(BTC)半減期思惑や世界的なコロナウイルス蔓延による伝統金融市場からの逃避資金などが要因とみられる資金の流入が加速しつつある。

仮想通貨ヘッジファンドの状況

仮想通貨に特化したヘッジファンドは、2019年に約70社が事業から撤退した

関連仮想通貨系ヘッジファンド、2019年は約70社が事業撤退

一方今年に入り、米大手仮想通貨投資ファンド「グレースケール」が提供する仮想通貨投資信託への2019年の投資額が、6億770万ドル(約670億円)に達したことが分かった。グレースケールは、伝統的なヘッジファンドなどが仮想通貨の保有量を増やしている事を報告。同社が提供する商品への投資額の内、2019年は71%が機関投資家によるもので、主にヘッジファンドからの投資だったことが明らかになっている

関連ヘッジファンドの仮想通貨投資 米ビットコイン投資信託に需要急増

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B