仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿
 

仮想通貨リスク(LSK)とは?ロードマップから今後の将来性を解説|Lisk Japan寄稿

仮想通貨Lisk(リスク)基本概要

Liskは、Max Kordek(@maxkordek)とOliver Beddows(@karmacrypto)により開発されたブロックチェーンアプリケーションプラットフォームです。

※2020年以降のブロック生成報酬は1LSK固定

2016年5月24日(現地時間)、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で14,000BTCを調達し、最初の「Genesis Block」が作成されました。Lisk自体はスマートコントラクトを持っていませんが、Liskサイドチェーン上に設置する事が可能です。

Liskの大きな特徴として、数行のJavaScriptでSidechain(Privatechain)を構築できる事が挙げられます。

Liskの特徴

通貨コード LSK

ユーティリティトークン”LSK”

Liskの将来性

開発環境

開発者支援(Lisk Builders Program)

取り扱いのある仮想通貨取引所

安全で高機能なLisk Wallet

PoCとは「概念実証」の意味で、新しい概念や理論、原理、アイディアの実証を目的とした検証やデモンストレーションを指します。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B