仮想通貨リブラの法的判断「未だ情報不足」=欧州連合副委員長

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨リブラの法的判断「未だ情報不足」=欧州連合副委員長
 

仮想通貨リブラの法的判断「未だ情報不足」=欧州連合副委員長

リブラプロジェクトの情報は法的判断には不十分

EUの政策執行機関である欧州委員会(EC)のValdis Dombrovskis副委員長は、米フェイスブック社主導の仮想通貨リブラの法的立場を明確するためには、まだ詳細な情報が不足していると、2月18日付の委員会内メモで明らかにした。

ECは、リブラ協会に対しプロジェクトのより詳しい情報の提供を求めてきたが、Dombrovskis氏は、リブラは未だ開発中の流動的なプロジェクトであるため、「提供された情報はリブラの正確な性質、そして既存のEU法との関係を見極めるには不十分だ」と述べている。

Dombrovskis副委員長は、昨年12月5日に採択された、「ステーブルコイン」に関するECと欧州理事会の共同声明の内容に言及。「仮想通貨(暗号資産)が提供する可能性」を活用する規制整備のために迅速に行動する用意はあるとしながらも、ステーブルコインに関する取り決めは、「明確で均衡のとれた規制および監視の枠組み」に従う必要があるとの認識を繰り返した。

それは、リブラのような『グローバルなステーブルコイン』は、「法、規制、および監督上の課題とリスクが適切に特定され、対処されるまで」EU域内では運用が許可されることがないとの認識だと言える。

EUのステーブルコインへの対応

金融サービスのデジタル化を政府主導で促進

さらに、リブラのような「ステーブルコイン」プロジェクトが出現した事実は、市場と消費者が求める便利で迅速、かつ効率的で安価な決済システム、特に国境を越えた決済を実現するため、改善を進めていくことの重要性の表れだとも認めている。

前出のDombrovskis氏は、EU内での金融サービスのデジタル化を促進する活動を積極的に行っているようだ。同氏は昨年11月末、2021年の年末までに欧州内で利用できる独自の高速決済システムをローンチすると発表。また、デジタル通貨についても研究を進め、欧州中央銀行(ECB)やEU内の各国中央銀行によるデジタル通貨発行に関する検討を推奨している。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B