仮想通貨別「大口投資家割合と推移」ビットコイン、ETH、XRPほか|Coin Metrics調査

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

仮想通貨別「大口投資家割合と推移」ビットコイン、ETH、XRPほか|Coin Metrics調査
 

仮想通貨別「大口投資家割合と推移」ビットコイン、ETH、XRPほか|Coin Metrics調査

大口保有者の割合調査

仮想通貨取引・ブロックチェーンのデータ分析を行うCoin Metricsが、仮想通貨の分散性に関するレポートを発表した。

レポートではBTC、ETH、LTC、BCH、BSV、XRP、XLMなどの大口分布率などがが列挙され、現在の大口状況とその推移が報告された。

大口の偏りは、仮想通貨の分散性を評価するために重要な指標と強調。供給量に対してウォレットが占める資産の割合を、以下の8つの区分にそれぞれ分け、各推移を掲載した。

ビットコイン

イーサリアム

ライトコイン

ビットコインキャッシュ

ビットコインSV

リップル

大口比率一覧

ビットコイン(BTC)が誕生してからしばらくは、黎明期に携わった一部個人により大量のBTCが保有されていたが、2011年頃からは分散化が着実に進んでいるという。現在では数百万を超えるアドレスがBTCを保有するまでに至っている。

イーサリアム(ETH)はビットコインと異なり、クラウドセールが行われたため、初期のETHはかなり中央集権的なスタートを切っている。2016年7月に、一部のアドレスによるETHの寡占状態はピークに達し、総供給量の0.1%以上を保有するアドレスは60%を記録した。

一方、ICOバブルが収束した2018年以降になると、ETH保有量の偏りは改善。2020年2月現在は、40%まで分散化が進んでいる。全体供給量10万分の1以下の小口ETH保有するアドレスも、数を徐々に伸ばしている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B