伝説の投資家に送られたビットコインは何処へ? バフェット氏、仮想通貨の価値で痛烈批判

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

伝説の投資家に送られたビットコインは何処へ? バフェット氏、仮想通貨の価値で痛烈批判
 

伝説の投資家に送られたビットコインは何処へ? バフェット氏、仮想通貨の価値で痛烈批判

5億円の会食も老練なる投資家には功を奏さず

伝説の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は、24日、米CNBCのインタビューで、仮想通貨トロン(TRON)創設者ジャスティン・サン氏との会食後も、自身の仮想通貨に対する考え方が変わることはなく、仮想通貨に価値はないとの主張を繰り返した。

先月行われたバフェット氏との会食の権利は、仮想通貨に痛烈な批判を展開してきたバフェット氏の考えを少しでも和らげようと、サン氏が457万ドル(5億円相当)で落札したもので、ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏、SNSトレードプラットフォーム「eToro」のYoni Assia氏、BINANCEチャリティー財団のHelen Hai氏、仮想通貨取引所大手フォビのクリス・リーCFOが同席した。

「ジャスティン・サンは仮想通貨に対するあなたの考えを変えたか」との質問に、バフェット氏は、3時間半に及ぶ会食では、とても友好的な意見の交換ができたとする一方で、仮想通貨に対する考え方は全く変わっていないと、次のように述べた。

「友好的な意見交換 」でもお互いの考えは変わらず

「仮想通貨は所有していないし、一切そのつもりもない」

矛盾する両者の主張

バフェット氏は、誕生以来10年が経過したビットコインが、その有用性について様々な話はありながらも、未だ同氏がCEOを務めるバークシャーハサウェイ関連会社の業務には、全く使用されていないことを指摘。また、「ビットコインは、かなりの金額を違法に移動させるのに使われてきたと思う。」と述べ、「ビットコインの経済的貢献」は、スーツケースに現金をつめて他国へと移動する必要がなくなることで、スーツケースの需要を減らしたことだと冗談を言い、笑った。

サン氏は、バフェット氏との会食で1ビットコインとバフェット氏の誕生日にちなんだ額のトロン(1930830TRX)が搭載されたサムソンのスマートフォンを贈呈したことを、ツイッターで明らかにしていた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B