新型コロナウイルス懸念拡大で日米株価暴落、ビットコインの「リスク資産」議論再び

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

新型コロナウイルス懸念拡大で日米株価暴落、ビットコインの「リスク資産」議論再び
 

新型コロナウイルス懸念拡大で日米株価暴落、ビットコインの「リスク資産」議論再び

仮想通貨市況

25日の日経平均株価は、前週末比一時-1,000円を超える暴落を引き起こした。(12時時点で300円ほど反発)

国内外におけるコロナウイルスの発生事例拡大を受け、中国を筆頭に日本や韓国への渡航警戒レベル引き上げや渡航制限を掛ける国々が増加。安全資産とされる金(ゴールド)の需要が急速に高まったほか、VIX恐怖指数が25まで急上昇するなど、リスクオフを鮮明にした。

また、新型コロナウイルスのイタリアでの感染拡大に伴い、イタリアの主要株価指数「FTSE・MIB」が急落。ドイツ株指数も大幅に下げるなど、アジア圏のみならず、欧米圏へのアウトブレイク懸念で先行き不透明感が強まったことも市場心理を悪化させたものと思われる。

そのような状況にある中、仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比3.65%安の106.7万円と続落。大幅下落に伴い、約2週間に渡って「乖離4.9〜5.0」で張り付いていたbitFlyerのSFDも剥がれている。

年初からの半減期思惑相場が一服し、上昇チャネル転落をみる投資家も少なくない。9200〜9300ドルには厚いサポートがありこれを支持して再び回帰できるかどうかがポイントになりそうだ。

ビットコイン(BTC)の資産性について

反発基調にあった24日夜は、ダウ平均やS&P500の急落に連動するようにして投げが出た。

海外の著名アナリストCryptoHamsterは、下降チャネルの上限で叩かれる一方、9500ドルのサポートラインでは買われていることに注目。ディセンディングトライアングルも示唆される。

21日には、チャートパターンの世界的な権威とされるThomas N. Bulkowskiの言葉を引用し、「もし8,800ドルまでの下降ウェッジを形成した場合、下抜けるよりも上抜けとなる可能性の方が高い」との見方を示していた。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B