米リップルのXRP活用する国際送金技術ODL、日間取引量12億円を達成

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米リップルのXRP活用する国際送金技術ODL、日間取引量12億円を達成

(Image: Shutterstock.com)

米リップルが提供する仮想通貨XRPを活用した国際送金技術ODL(On-Demand Liquidity)の日間取引量が2月11日に過去最高値となる約1100万ドル(12億円相当)を記録していたことが明らかになった。XRPの台帳上からODLに関する取引を抽出しデータを公開するUtility-Scanによると、続く12日から14日にかけても日間取引量は1000万ドル前後で推移し、15日以降は一旦取引量が低下した。

15日から18日にかけてのデータとなるが、ODLの取引内訳は米ドルとメキシコペソ間の送金額が群を抜いている。この経路の活用について、米リップルと提携するマネーグラムが導入の途上にあることを発表しており、その影響で英国の仮想通貨交換所Bitstampとメキシコの仮想通貨交換所Bitsoを仲介役とした頻繁かつ多額の送金が見られる。

米リップルは2019年6月にブラジルでの事業を開始し、本格的に南米全土への展開を進めることを発表した。その後Bitsoへの追加の出資を行った。さらに同年11月にはペルーの大手銀行InterbankがODLを導入。直近のODLの取引量からして、南米での送金網の構築は順調に進んでいる様子だ。

なお、BitsoはTwitter上で2月7日にアルゼンチンの居住者向けに、仮想通貨交換所のサービス提供を開始していることを発表した。サービス内容はメキシコ居住者向けのものと同様としている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B