米仮想通貨団体「プルーフオブステーク同盟(POSA)」とは|普及目的と活動内容

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米仮想通貨団体「プルーフオブステーク同盟(POSA)」とは|普及目的と活動内容
 

米仮想通貨団体「プルーフオブステーク同盟(POSA)」とは|普及目的と活動内容

米プルーフオブステーク同盟(POSA)とは

アメリカには、「プルーフオブステーク同盟(Proof Of Stake Alliance:以下、POSA)」という名の団体があります。
POSAは、プルーフオブステーク(以下、PoS)の普及を推進するため、規制当局や政策決定者を対象にした啓蒙活動などを行う団体です。

プルーフオブステークは、仮想通貨業界で一種の「不労所得」として注目されていますが、プルーフオブステークはネットワーク参加者がいて成り立つものです。そして、その参加者に対してどのように課税するのか、などの論点について、世界中で多くの関係者が活発に議論しています。

この記事では、アメリカで活動をしているPOSAがどのような目的で、どのような活動を行っているのかをお伝えします。

PoS技術やそれを取り巻く規制に関する対話を通じ、政治家や規制当局に働きかけていくロビイング活動を行う団体「POSA(PoS:Proof Of Stake Alliance)」は、2019年9月に立ち上がりました。

1)POSAとは?

2)POSAのミッションとアクション

POSAが掲げる6つの活動

3)POSAのメンバー

4)POSAのホワイトペーパーに記載されていること

5)日本のステーキング部会について

POSAは、PoS技術の開発に携わる関係者や、規制当局、政策決定者間の対話を通じ、PoS技術の規制について政治家などに働きかけていくことを目標としています。つまり、PoSそのものについて、規制当局などの関係者を教育することにとどまらず、積極的にロビイング活動も行うと、サイトに明記されています。

POSAのミッションには、以下の項目が含まれています。

そして、PoS技術の普及のためには、下記の3点が重要であると述べています。

なぜ、POSAがこのような活動を行っているのか。その答えは、PoS技術をとりまく状況にある、とPOSAは表明しています。POSAでは、PoS技術は主に3つの課題を抱えている、と考えています。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B