米政府売却の40億円相当のビットコイン、オークションで2名が落札

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

米政府売却の40億円相当のビットコイン、オークションで2名が落札
 

米政府売却の40億円相当のビットコイン、オークションで2名が落札

ビットコインのオークションが終了

新着記事

米連邦保安官局(USMS)のオークションで売却された4000BTC超(約40億円)分の仮想通貨(暗号資産)ビットコインが、2名の落札者の手に渡った。落札価格は開示されていない

犯罪捜査で押収したBTCを、USMSが18日にオークションで売却することは今月報じられていた。競売では、2500BTC、1000BTC、500BTC、40.54069820BTCの4つのシリーズに分けられている。

関連米政府、40億円相当のビットコイン売却へ

USMSによるBTCのオークションは過去にも行われている。最初に開催されたのは2014年で、当時の報道によると、著名投資家Tim Draper氏が10ブロックで合計約3万BTCを落札。その後も開催は継続されており、最近では2018年11月に660BTCのオークションが行われている。

関連60億円以上の仮想通貨ビットコインを押収 アイルランド当局の麻薬捜査で

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B