証券など資産のトークン化に本腰 露中銀、ブロックチェーンの試験運用に成功

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

証券など資産のトークン化に本腰 露中銀、ブロックチェーンの試験運用に成功
 

証券など資産のトークン化に本腰 露中銀、ブロックチェーンの試験運用に成功

ロシア中銀のトークン化プラットフォーム試験運用が成功

ロシア連邦中央銀行(CBR)は、2月17日、「デジタル化された権利」の発行と流通のためのブロックチェーンプラットフォームの試験運用が成功裡のうちに終了したと発表した。

このプロジェクトは昨年末から、CBRが規制「サンドボックス」の枠内で行って来たもので、商品やサービス、証券をはじめとする資産のトークン化を可能にする。

このプラットフォームを利用することで、あらゆる企業や組織がデジタルトークンを発行することが可能になり、発行者にとっては資金調達のための機会創出の可能性、投資家にとっては便利な投資オプションとして機能すると考えられるという。

このトークン化プラットフォームは、工業用にも使われる貴金属パラジウムをトークン化するプラットフォーム開発の経験を持つ、大手マイニング企業Nornickelが開発。同氏によると、CBRサンドボックスが支援する最大のプロジェクトの一つだという。

仮想通貨規制法案の改正を提案

錯綜するロシアの仮想通貨規制

パイロットプログラムの成功を受け、CBRは、デジタル資産市場において、このようなソリューションを開発し統合するために必要な規定を、連邦法案「デジタル金融資産について」に含めるよう、提案したという。

マネーロンダリング対策の国際基準を提言する政府間機関、FATF(金融活動作業部会)からも、昨年、仮想通貨に対する規制法案を採択するよう勧告を受けたとのことだが、今年2月時点でも、仮想通貨が合法と見なされるのかどうかについての政府の最終的な判断は下されていない。

CBRは、昨年11月末には「プライベートな仮想通貨は、既存の法定通貨と同一視することはできず、法定通貨と同様にして扱うことはできない」という意見を表明、仮想通貨を利用した決済が違法となる可能性もあることを示唆した。

その一方で、12月末には、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の開発と実証実験に着手するなど、仮想通貨の持つ可能性には大きな関心を寄せているようだ。CBRのナビウリナ総裁は、あくまでも「ステーブルコインの機能について規制当局として確認しておくため」との弁明を行っている。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B