証券の国際規制組織IOSCO、規制当局向けに仮想通貨事業規制の方針示す文書公開

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

証券の国際規制組織IOSCO、規制当局向けに仮想通貨事業規制の方針示す文書公開

(Image: Shutterstock.com)

金融庁は2月19日、証券監督者国際機構(IOSCO)の報告書「暗号資産取引プラットフォームに関する論点、リスク及び規制に係る考慮事項」について、内容の要約となる仮訳を公開した。IOSCOの報告書は、暗号資産取引プラットフォームについて、その論点とリスクを説明し、対処を行う規制当局への支援が目的。市場の公平性や顧客資産の保護など、重要な考慮事項を記したものだという。

暗号資産取引プラットフォームの規制に関して、論点の多くは伝統的な証券取引所と共通する。規制当局が、暗号資産が証券に該当すると判断する場合、証券規制の原則を適用することとなる。このことから、証券取引を監督するIOSCOの原則と方法論は、暗号資産取引プラットフォームのリスク検討においても有用な指針であるとIOSCOは考える。

報告書がまとめる考慮事項は以下の7点とされる。

  • 暗号資産取引プラットフォームへのアクセス
  • 顧客資産の保護(カストディアレンジを含む)
  • 利益相反の特定と管理
  • 暗号資産取引プラットフォーム業務の透明性
  • 市場の公正性(暗号資産取引プラットフォームの取引ルール並びに当該ルールのモニタリング及びエンフォースメントを含む)
  • 価格発見メカニズム
  • テクノロジー(弾力性及びサイバーセキュリティを含む)

顧客資産の保護については、IOSCOは暗号資産取引プラットフォームにおけるカストディ業のモデルを3つに分類。事業者側がウォレットを管理する方式、サードパーティのカストディ事業者が管理する方式、利用者自身がウォレットを管理する方式に大別した。

こうしたカストディ業が抱えるリスクは、暗号資産の盗難や、預かり資産の混合、記録保持の不正確性といったものが考えられる。規制当局がカストディ業者に対して考慮するべき点として、顧客の所有権を明確にできるか、顧客の資産を盗難や紛失から保護する措置をとっているか、顧客資産を分離しているか、顧客資産を確認するのに正確な記録を維持できているかという4点が示された。

IOSCOの報告書では、ほかの6つの考慮事項についても、それぞれのリスク分析と、規制当局が考慮すべき点がまとめられている。同書は、2019年6月のG20大阪サミットへ提出、公表された市中協議書ついて、コメントを考慮し最終報告書としてまとめたものとなる。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。 運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。 もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B