進化し続けるデジタル決済、日銀副総裁が語る「永久不変」の3要素

ブログランキングに参加中!!ポチッと押して応援よろしくお願い致します!!

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨投資へ

進化し続けるデジタル決済、日銀副総裁が語る「永久不変」の3要素
 

進化し続けるデジタル決済、日銀副総裁が語る「永久不変」の3要素

進化し続けるデジタル決済

日本銀行は27日、「決済の未来フォーラム」における雨宮正佳 日銀副総裁の挨拶文を公開した。

この様な冒頭文でスピーチを行なった雨宮副総裁、デジタル社会における中銀マネー提供のあり方や、民間決済サービスの改善の行く先は、日本における決済インフラの将来像を考える上で、重要なテーマであり、両者は密接に関わる課題であると発言した。

変わらないであろうこと

変わるであろうこと

まず、デジタル化が進んだ場合も、マネーの発行形態としての変化は、現在ある「トークン型・口座型」といった2種類を軸に発展していくと説明した。

通貨供給の二層構造

また、今後も維持すべきとした内容に、「通貨供給の二層構造」がある。

通貨供給の二層構造とは、銀行の内側(マネタリーベース)と外側(マネーストック)の関係性。中央銀行が、現金と中央銀行預金からなる中銀マネーを一元供給し(マネタリーベース)、民間銀行が信用創造を通じて、預金通貨を供給する(マネーストック)仕組みのこと。

引用元はこちら

当サイトは非営利にて運営を行わせて頂いております。
運営に関する募金はビットコインにて随時行わせて頂いております。
もし今後も当サイトを応援して頂ける方は是非ビットコインにて募金して頂けますと幸いです。

■ビットコイン(Bitcoin)
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

■イーサリアム(Ether)
0xB6c362e6c49F54F271E17CC1D064D5Ae6605066B